10月9日(土)「夢のプレゼントを全力で ――お父さんの誕生日会リハーサル」

10月9日のなのはな

 明日は、お父さんのお誕生日会本番です。
 本番を明日に控えて、今日は午前、午後と準備を進め、夕食後はリハーサルを進めて、1日を通してお誕生日会の準備を進めました。

 

DSC09837

 

 私は、ゆりかちゃんチームで、アンサンブルではトロンボーンパートとして演奏し、チームの発表では、『レインボー』という楽曲でパフォーマンスをします。
 レインボーでは、3つのパートに分かれて、ダンスや動きをします。そのうちの1つに、ウンパルンパのような動きをするパートがあるのですが、この動きは方向性がまとまるのに時間がかかり、ゆりかちゃんが新しい振りを考えてくれて、昨日振り入れをしたばかりです。
 あゆちゃんチームの人が、自分のチームには合わなかったからと、飾りをつけたカラフルな傘をプレゼントしてくれたのですが、ゆりかちゃんが考えてくれた新しい振りは、その傘が生かされる動きになって、シンプルだけれど、とても綺麗です。

 

DSC09800
〈実行委員による演劇の稽古も行なわれました〉

 

 午前は、昼食の1時間前からは水やりの作業があったため、2時間の練習時間でした。
 パートごとに分かれて、お互いに見合う人を数人作りながら、何回も練習した上で、合わせを行ないました。
 私が踊る踊りも、ゆりかちゃん、さやねちゃん、ゆずちゃんが見てくれて、動きをシンプルにしたり、カウントや止めるところを決めて、振りを整理し、見やすくすることができました。

 合わせでは、前で踊るパートの人と、後ろで踊るパートの人、全部が組み合わさりました。ステージの前から見たとき、どうなっているか自分は分かりませんが、前でみてくれる人がとても綺麗、と言ってくれて、はじめはどうなるのだろうと思っていたけれど、全体でまとまったのがとても嬉しいなと思います。

 

PA090102
〈いろいろな場所でチームの練習が進みます。玄関前のスペースでも金のポンポンが舞いました〉

 

 動きの練習を1時間して、残り1時間は、トロンボーンの練習を行ないました。
 体育館で1回、合わせをしたのですが、今までは和室や音楽室で練習していたのが、体育館で吹いてみると、音がいつもより響いて、自分の音がよく聞こえました。

 トロンボーンで演奏する『ルーマニア民俗舞曲』という曲は、6パートにわけてえつこちゃんが楽譜を作ってくれているので、6種類の違うメロディーが重なり、曲になります。
 気持ちが弱いと、はじめの音が小さくなってしまったり、高い音が出なくなったり、緊張で音が飛んでしまう部分がありました。

 ゆりかちゃんは、この演奏はお父さんに喜んでもらうために演奏する曲だから、気持ちだけは強く持って、吹こう。と言ってくれました。
 私も音はつたなく、綺麗ではないですが、この曲の一部となって、メロディラインの人が立つよう、自分の音に責任を持って、気持ちを強くもって、お父さんに喜んでもらえるよう吹こうと思いました。

 

PA090356
〈グラウンドではトランペットパートが練習をしていました〉

  

 午後は、お誕生日会のオープニングの練習と、アンサンブルの出はけの練習を前半に行ないました。オープニングはあゆちゃんや実行委員さんが考えてくれて、今回のテーマにそったとても可愛らしい振り付けと歌に仕上がっています。
 お父さん、お母さんは、このオープニングを、ステージの上で見るという風になっていて、この光景をステージ上から見るお父さんが喜ぶ姿が目に浮かび、自分も嬉しくなりました。

 

PA090137

 

 残りの時間は衣装の最終仕上げにとりかかます。
 まちちゃん、しなこちゃん、えつこちゃん、ほしちゃん、なおとさんが大きな布を使って着る衣装があり、その衣装を実際着た上で、裾を合わせ、ゆずちゃんやほしちゃんが針でぬいました。

 私は、さやねちゃん、ゆずちゃんが着る虹のスカートをさやねちゃんと完成させ、自分が使うかぶりものを踊ってもとれないように、頑丈に固定できるように、ひもつけました。
 夜には、リハーサルがあるので、衣装を着て、踊れるようにみんなで万全の準備を整えました。

 はじめは、アイデアを出し合い、大体のイメージが決まったとき、本当にこれが実現するのだろうかと、不安がありましたが、紆余曲折がありながらも、チームのみんなとどうやったらイメージ通りに作れるか考えて、他のチームの人にも助けてもらって、イメージを実現できたことが本当に嬉しいです。
 チームの衣装が本当に素敵で、明日、お父さん、お母さん、みんなに見てもらえるのが嬉しいです。チームのみんなを早く見てもらいたい気持ちと、終わってしまうのが寂しい気持ちがあります。

 

DSC09881

 

 夕食後は、リハーサルを行ないました。
 体育館に行くと、他のチームがリハーサルをしていたり、端のスペースで練習をしていたり、すべてを見ることはできなくても、みんなが明日にむかって、懸命に練習している姿がちらちらと見えて、その姿にとても胸が高鳴ります。明日、全部見られるのが本当に楽しみだけれど、ずっと楽しみに待っておきたいようなそんな気持ちにもなります。
 この期間は、チームが一丸となって夜の時間も使って練習をしていて、体育館がとても賑やかで、まるでウィンターコンサート前を連想させるようなそんな活気づいた空気がとても嬉しいです。

 

DSC09895

 

 リハーサルでは、実際に衣装を着てパフォーマンスしましたが、不都合なく踊ることができました。
 自分が踊っていても、レインボーの世界観がステージから放たれているのを感じました。
 明日は、会をつくる一部、チームのメンバーの一員として、精一杯頑張ります!!

(やよい)