「1日1日を全力で楽しむ」 えみ

10月3日

 久しぶりの日記になってしまいました。
 昨日今日と、お仕事組さんたちもいてくれる貴重な土日の時間を使って、お父さんのお誕生日会に向けて準備を進められた時間が嬉しかったです。

 衣装考案や振り入れ、制作物などを進めて、自分はあまりセンスがなくて全然力になれず申し訳ないなという気持ちになってしまうことも多いのですが、チームのみんなの穏やかで明るい雰囲気に助けてもらっているなと思います。曲の中の動きはのんちゃんが細かく指導してくれて、衣装を着たなおちゃんやあゆちゃんも入ってくれることを想像するとすごくいいものができそうな気がして楽しみになります。制作物の方もあゆちゃんがとてもいいアイデアをもってきてくれて、実際にみんなと作ったりもしてどんどん形になっていくのが嬉しいです。
 
 昨日はお父さん、そして今日はあゆちゃんに楽器練習も見ていただきました。練習を始めて3週間近くがたって、初めの頃と比べたら出る音も増えてきたけれど、やっぱり私はまだまだカスカスとした音しか出なくて、へこんだり前向きになったりを繰り返しているなと思います。お父さんやあゆちゃんにはタンギングの大切さを特に指摘していただきました。口の形も正直ぴったりのものが体に入り切っていないなというのも感じていて、トランペットは本当に難しいなと思うのですが、息の漏れたような締まりのない音ではなくて、もっと目指す音のイメージをもって吹きたいです。

 まだ自分の音を出すことに精一杯になってしまっているのですが、もっと周りの音も聞いて、全体でトランペットらしい演奏ができるようにすることも意識したいです。

 
 今日は集合の時間にお母さんのお話をたくさん聞かせていただけたことも嬉しかったです。お母さんがずっと膨らませ続けている夢の話もしてくださって、それが自分たちにとっても、これからの世の中にとってもすごく希望だなと思いました。どこにいても、なのはなが自分にとっていつでも帰ってこられる場所。ここはそんな場所であって、明るい未来を作っていく仲間としていられることがすごく嬉しいし、そのために少しずつでもまだ見ぬ誰かのために成長していきたいと思えます。

 1日1日を全力で楽しむこと。簡単そうで、私は自分の調子や色んな雑念に引っ張られて、それを諦めてしまったり逃げている部分があるなと思います。
 楽器練習や最近では夜のダンス練習も始まって、私はみんなと比べたら全然技術もなくて落ち込むことも多いのですが、前向きなところにしか答えはないという言葉を信じて、毎日着実に進歩できるようにできることを頑張りたいし、その過程も楽しみたいです。

 お父さんのお誕生日会まであと1週間。気持ちを上手く切り替えながらみんなと畑も練習も頑張りたいです。
 読んでくださりありがとうございました。