「音に乗せて」 まお

10月2日

 今日の朝は収穫ではなくふたたび水やりでした。日差しも照っている中、朝からさわやかな行ないであります。にんじんと大根を水やりしました。私は主ににんじんをやり、まちちゃんが大根をやってくれました。にんじんの畑に行くのは種まき以来初めてで、発芽しているところを見られて嬉しかったです。芽は細くぴょこぴょこと出ていて、コスモスに似ていて繊細でかわいらしいです。にんじんはたくさん種をまいて間引く方法が多いとききましたが今回は一粒一粒蒔いていったそうです。ほうれん草の水やりをしたばかりの私には発芽数は結構たくさんに思えましたがどうなのでしょう。

 午前中は衣装考案の時間をめいっぱい使えました。私たちのチームは『Bird Set Free』の衣装に向けて本格的に制作を始動させました。まっちゃんとさきちゃんで演出や振付を考案してくれている間、私はかにちゃんたちと衣装にとりかかりました。ネタバレを書いていいのかわからないので詳細は省きますが、鳥の羽をかにちゃんがデザインしてくれて、それの型をみんなでとって不織布を切ったりして、そのあとは縁日以来の張り子作業の再登場です。今回は風船を型として新聞紙を張り付けていきました。たけちゃんはかにちゃんのデザインした羽が気に入ったのかしきりに指をさして笑っていたのできっとお父さんお母さんやみんなにも気に入っていただけるといいなと思います。
 
 午後は身体測定の合間、個人で楽器練習、そのあと5時までパート練習という楽器練習フルコースでとっても嬉しかったです。個人練習のときは音楽室が視力検査に使われていたので、シャワー室の脱衣所という場所にわくわくしながら、つきちゃんと2人で練習しました。ちなみに私は裸眼では最大のCが見えません。練習の合間につきちゃんとフルートやベースの話、今までの音楽経験の話などができたのが楽しかったです。機会があったらつきちゃんとも何かでセッションしたいなあと思いました。
 
 そのあとはパート練習に分かれ、今日はパーカッションにトライアングルのなおちゃんも参加してくれて初合わせできました。トライアングルが加わると曲にキラキラして冷たい感じの音が加わって全体が締まる感じがしました。練習の後半でお父さんとたけちゃんも聴きに来てくださり、サックスの人たちとも久しぶりに合わせができました。やっぱりみんなで合わせるのは楽しいです。
 
 心なしかテンポもアップし心もうきうきして私は軽く足で拍を取ったり体を揺らして心の高揚をそのまま音に乗せるように演奏していたように思います。たけちゃんはお父さんがサックスの音の伸ばしや強弱どころのアドバイスとして言っていた「ばぁ~~おぉう」が気に入ったようで真似して繰り返し言っていたのが面白くて演奏しながらも思い出し笑いしてしまいました。
 
 ほかのパートの曲としての質やみんなの演奏技術もだんだん上がってきているようで、みんなの音楽や楽器に対するひたむきな姿勢や努力のたまものだなあと思うし、みんな一丸となって作品を作り上げていくたのしさや醍醐味はこういうところだよなとうれしい気持ちです。