「みんなの姿」 まお

9月29日

 今日はまちちゃんが朝食当番で早めに収穫から抜けるので、いつもより10分早い、7時20分から畑に向かいました。早く終えられるようにということで、やよいちゃんがひろちゃんを派遣してくれたので、3人で収穫できました。ひろちゃんは畝を進むのがとても早くて、そのおかげもあり7時45分には収穫を終えて古吉野に帰ってきました。みんなが収穫から帰ってくるまで優雅に読書などできてそれもよかったです。

 午前中は楽器練習のあとにお父さんの誕生会のファッションショーの詳細決めの時間でした。前回、曲が割り当てられ衣装や演出をどうしようかと話し合ってた時は先が見えない感じがあり不安がありましたが、今日具体案が見えてきて形にできそうだと思いました。かにちゃんをはじめとしたみんなとの紆余曲折という生みの苦しみあっての出来栄えになりそうで楽しみです。

 かにちゃんはみんなの意見をすべて取り入れたいという気持ちで悩みながらみんなの意見を聞いてくれて、その上でいい形にまとめてくれてその発想の柔軟さや妥協しない姿勢がかっこいいなあと思います。私は、その場にあるものから完成系を想像して「できそうなもの」を作り出すという発想になりがちなのですが、かにちゃんやなのはなのみんなは、まず完成系を考えてから素材などをどうにかして見つけて作り出すという方法だからこそ壮大でクリエイティブな作品を今まで作り上げてきたんだなあと思いました。

 

 午後はまちちゃん主導で白菜の手入れに行きました。主に害虫チェック、草敷、防除、捕植の4本立てです。こまごまとした作業が多く持ち物も数種類あったので、まず最初に作戦会議をして、まちちゃんが手際よく持ち物をみんなに割り振って忘れ物がないようにしてくれました。どの作業もみんなスピーディで、私は1畝分も見ていないうちに気づいたらどんどん次の作業に進んでいて、草敷きをしていたらいつのまにか捕植も防除も終わっていたという感じでした。

 最後のネット掛けでは、不慣れな私にせいこちゃんが手取り足取りやり方を教えてくれて、同じ畝間に入って進めてくれたのが嬉しかったです。土をネットにかけるときに鍬の先を斜めにして土をネットの上に引き寄せて若干持ち上げて掛ける、というコツを教えてもらうと圧倒的にスピードがあがりました。ネット掛け楽しい。

 

 今日は4時15分ごろには白菜の手入れの作業はすべて終えることができました。古吉野に帰ってからはまちちゃんと一緒にこまごました持ち物を片づけました。そのときに、まちちゃんはそれぞれの道具の片づけ場所、草刈り機や防除の道具の洗い方を教えてくれたりと色々と勉強になりました。

 まちちゃんはいつも気さくに話してくれたり、何かを教えてくれるときはすごく物腰柔らかく丁寧に教えてくれるので、私も変な緊張や焦りを感じることなく一緒に過ごせて本当にありがたいなあと思います。野菜や畑に対しても深く愛情をもって向き合っているのが伝わってくることも多くて、見習いたい部分がたくさんあります。

 まちちゃんとつきちゃんが最近私のシスターさんとして一緒に過ごしてくれるようになって、いろいろと学ぶことや、楽しい時間を共にできることが増えて、なのはなでの生活がまた一段と楽しくなって本当に感謝の気持ちが絶えません。つきちゃんはなのはなの作業すべてマルチになんでもでき引く手数多で、最近は防除ウーマンなので(偏見)作業ではなかなか一緒になりませんが掃除の時間や、それ以外の夜の時間などいつも私を気にかけてくれて一緒にいてくれます。掃除をするときや普段の他愛もない会話の中でいつも肯定感を感じさせてくれたり多大な包容力のつきちゃんに毎日癒しをもらっています。

 

 勝央町文化祭での映像出演も間近ということで今みんなのダンス練習(This is me)を見学しています。踊りの合間にある一つひとつの決めポーズがきつそうな態勢が多いですがキレがあってみんなかっこいいです。『This is me』は私は1度しか生で見たことがないのでまた見られるのかなと思うと楽しみです。