「この時間が心地よい」 まち

9月27日

 まおちゃんと一緒にいさせてもらうことが多いです。まおちゃんの穏やかな人柄にすごく救われます。まおちゃんは「焦る」ことがないと思いました。ゆったりと、自分ができることを楽しんでいるように感じます。生き急いだりしていなくて、こういうふうに私も、目の前の出来事を楽しんで生きていきたいと感じます。もっと落ち着きたいと思いました。

 当番のABパターンが変わって、今までずっと野菜切りだったのが、朝はシンク掃除と昼は廊下掃除をすることになりました。掃除は久々に入ったけれど、ものすごく居心地のいい時間だなあ、と感じます。マニュアルがあるから、初めてだったり久々の掃除場所でも安心して掃除に取り組むことができます。昼の廊下掃除のとき、子ども玄関ではよしみちゃんとさやちゃんが精一杯マットを綺麗にしたり掃除をしている姿が見えてすごく美しいと思って、シャワー室からも水を流す音とか床をデッキブラシでこする音とか聞こえてきて、みんなが真面目に精一杯掃除をしているのを感じながら掃除をしました。どこまでも真面目で美しいみんなの姿を感じました。この時間がものすごく心地良い、と思いました。

 廊下掃除はるりこちゃんがリードしてくれますが、まおちゃんを気遣ってくれて、無理しなくていいよ、今日はまおちゃんが来てくれて棚磨きもできたからたくさん進んで嬉しかった、と声を掛けてくれたりして、ものすごく優しいと思いました。掃除の時間って、こんなにみんなの美しさを感じる時間だったかな、と感じて、なんだか幸せな気持ちになりました。

 幸せって日常だと感じる毎日です。何があるから幸せとかじゃなくて、ただ目の前の出来事そのもの、人との関わりそのものが幸せなのだと感じます。

 まだまだ新しい発見を感じる毎日です。どこまでも私は守られていると思います。感じます。スタッフさんの笑顔とか、受け入れてくれることとか、みんなと一生懸命作業ができることとか、そういうこと全部に感謝して、自分も穏やかな気持ちで幸せに生きていきたいと思いました。読んで頂いてありがとうございました。