「全力で楽しむ」 まお

9月24日 

 

 今日の朝はまちちゃんとの収穫でした。そういえばうめちゃんも一緒でした。相変わらず朝から畑を駆け回り彼女はいつでも全力で生きているなあと見ていて感じます。どこへいっても楽しそうです。この間の雨の日は農産倉庫前から外を切なそうな目で見ていましたがそれもまたかわゆし。
 そして今日は夕飯に、何度もうわさに聞いていたオクラとろろがでました。オクラの風味と味をこれでもかと芳醇に感じることができ、つるっとしたのどごしのなめらかなこと。最上の味でございました。またいただきたいです。収穫を頑張ります。

 

 今日の作業は午前は小豆の畑の草取り。午後は小豆の畑の草取りでした。わーい草ずくしだぁ。保育園前の畑の面積はラスボスなのです。
 前までの私なら、(うわあ、ずっと草取りかあ…)と憂鬱になっていたことと思います。

 しかし、今日の私は心持ちが前とは違いました。

 昨日、お父さんに早く作業をすることの価値の分からなさや畑の作業の好きになれなさを相談したことなどを心に思い出しながら作業をすると不思議なことに草刈りが楽しめたのです。スピード感は、慣れているみんなに追い付くにはもうちょっとかなというレベルですが手を止めることなく軽い足取りで畝をしゃがみ移動できました。小豆の一つ目の畑は草が抜きやすくて爽快感がありました。
 保育園前は雑草も強固に根を張っているものが多かったのですが、むしろやりがいを感じられました。さきちゃんがリーダーとしてタイムキープや目標を随時伝えてくれて、今日の夕方までで保育園前は半分を終えることができました。

 

 ちなみに午後は草刈りオンリーではなく、なす畑のねずみに掘られた穴を埋めなおす作業、ほうれん草の水やり、そのあと小豆の草刈りというアラカルトでお送りしました。

 なすは根っこがやられてしまっていて枯れている株がそこそこあって、空洞を埋めてまた根っこを復活させるのを目的として三角ホーで中耕のような作業をしました。根がやられてもまた再生させられるのは生命の神秘を感じますね。

 今日もぐっすり寝て明日の作業も全力で楽しめたらいいなと思います。