「好きという気持ちで」 よしみ

9月22日

○白菜の定植
 午前の作業では夕の子畑に白菜第3弾の定植を大人数のみんなでしました。夕の子畑に行くのは白菜が定植されてから今日が初めてで、畑に着くと1・2弾の白菜たちがすくすくと成長していて立派に育っているのが嬉しかったです。

 作業は畝立てからで、最初に全員で畝立てをしていました。昨日に引き続きの畝立てだったので体が畝立てモードになっていたためか、畝立てしていても昨日よりも体を動かしやすかったです。最初の予定では、残りの畝を全て立ててしまう予定だったのですが、畝立てを進めていると雨が少しぱらつき始めてしまったので、やよいちゃんが、やっぱり先に定植を終わらせようと声をかけてくれて、急ピッチで定植を進めていきました。
 
 定植も雨が強くなるまでの勝負といった感じで、全員でスピード感を持って、それぞれが自分の役割を全力でこなしていきました。私は定植するときにもみがらを使う方法は今日が初めてで、ななほちゃんが定植の仕方を教えてくれたとき、白菜の苗がもみがらでサンドイッチされるのがすごく良いなあと感じて、しゃがまなくても植え付けができるし、白菜の苗にとってもフカフカのベッドに包まれて育ちやすいだろうと思って、一石二鳥で嬉しかったです。
 
 畝立てから始まり、その後は穴開け、植え付け、追肥、草敷き、ネットがけと流れるように作業が進んでいきました。誰も手が余ることなく作業ができるのは、本当にリーダーのやよいちゃんの的確な指示があって、それにみんなが全力で応えているからだなと思います。定植作業が前よりもどんどん早くできるようになり、みんな本当にかっこいいなと思いました。私もみんなの中で一緒に全力で作業できてとっても楽しかったです。

 今日も1日、ありがとうございました。午後からはゆったりモードで体育館の片付けや楽器練習、フラダンスの練習も少しできたり野菜の計画立ても進めることができて、とても充実した時間でした。明日は秋分の日で、お仕事組さんと一緒に過ごせることが嬉しいなと思います。
 
 また、今日はりんねちゃんのお誕生日でした。りんねちゃんと言えばイチジク、ギターが1番に頭に浮かびます。誰よりもイチジクが好きで、誰よりもギターが好きで、好きという気持ちでコツコツと毎日野菜の見回りや楽器練習をしていて努力を欠かさないりんねちゃんが本当に綺麗だなと思います。好きこそものの上手なれという言葉はまさにりんねちゃんにピッタリだなと思っていて、私もりんねちゃんのように目の前のことに一生懸命全力で取り組める人になりたいです。優しくてキラキラした笑顔のりんねちゃんが大好きです。