「気持ちが稲に乗って」 ほし

9月16日

〇田んぼでの作業

 今日の午後は、みんなと一緒に、田んぼで作業を出来たことが嬉しかったです。
 主に、バケツリレーの作業、というような感じだったのですが、今まで、バケツリレーがこれほど楽しいものだと知らなかった、というくらい、楽しい時間をみんなと過ごしました。
 心も体も、みんなと一体になって、理屈を超えたような所で、楽しめたな、と言いたくなるような時間でした。

 あゆちゃんがリードしてくれる、石生田んぼの藁回収では、初めは、私は、さやちゃんとペアになって、スズランテープで、藁をくくっていきました。
 見る見るうちに、藁の束が出来て、すぐにバケツリレー決行になりました。
 藁を投げて、次の相手に、「はい!」と言いながら、渡すのも、凄く楽しかったです。
 はい、はい、はい、とテンポよく、リズムを刻みながら、みんなと一体になっている感覚が、どんどん気持ちが弾んでいくようで、心地よかったです。
 次第に、テンポが出来てきて、みんながみんな、阿吽の呼吸で、藁を受け渡していました。

 みんなが、笑顔で、藁を投げていて、その空気の中に居ると、自分も、明るい気持ちになれました。
 永禮さんやあゆちゃん、たけちゃんやあゆみちゃんも来てくれて、みんなの明るい声と、キラキラとした笑顔で、その空間では、みんなが楽しそうで、私も、その中に居られたことが嬉しかったです。

 最後の一束が、永禮さんのダンプに乗るとき、やったーという気持ちになれて、ただそれけでも、とても嬉しかったな、と思います。
 藁が行くと、最後に、たけちゃんが、バケツリレーで回ってきてくれたのも、嬉しかったです。
 そのあとも、古吉野に戻ってからも、永禮さんのダンプから、納屋下の藁置き場へ、みんなでバケツリレーで受け渡していくのも、藁回収の勢いで、進められて楽しかったです。

 そのあとは、その作業をしていたみんなで、カーブミラー田んぼの応援に行きました。
 コンバインが通れない、ぬかるんでいる箇所を、手で刈って、畔に置いていきました。
 お父さんが、コンバインで刈れる場所を全部刈って下さって、その後に、みんなでバケツリレーで、お父さんまでつないで、稲を脱穀していく流れで進めました。

 時間は、5時過ぎで、稲刈りも、最後のラストスパートという感じで、威勢よく取り掛かりました。
 稲が、ばらけて、バラバラにならないように、隣の人に、はい! と言いながら、渡していきます。
 みんなで、稲刈りを終わらせよう、という気持ち一心で、一つになれた瞬間が、本当に嬉しかったです。
 その時は、自分の身体じゃないような感覚で、突き動かされる感覚でした。
 隣の人から、稲を受け取るごとに、みんなの気持ちが、稲に乗ってきているようで、自分も、それを受け取った瞬間、まるで、マラソンの襷を受け取ったような気持ちになりました。

 また、お父さんが、コンバインに稲を入れていくの姿や、運転する姿が、かっこいいなと思いました。
 稲の豊作を願いながら、みんなで、気持ちを一つにすることが、こんなにも、心地のいいことなんだな、と思って、今日の午後が、本当に嬉しかったです。

 その作業を終えた時、コンバインの近くでいた、れいこちゃんやよしみちゃんが、ぱっと、明るい笑顔になっていて、自分も終わった瞬間、とても達成感や、やりがいを感じて、満たされた気持ちになって、嬉しかったな、と思います。
 この喜びは、みんなとの喜びだな、と思いました。
 終わったときは、6時過ぎで、辺りは暗くて、何となく寂しい気持ちになりがちですが、あゆちゃんの「帰ろう」と明るい声や、隣や周りにいるみんなの存在を感じて、ちっとも寂しくないな、と思いました。
 車に乗って、古吉野に帰ると、坂道から、食堂の明かりが見えて、それだけで、安心した、ホッとした温かい気持ちになりました。
 みんなと一緒だったから、見られた景色だったのだと思います。

 稲刈りも、無事に終わって、良かったな、と思いました。
 また、先日、コンバインでの稲刈りの見学に行かせてもらって、コンバインから、軽トラのお米のコンテナへ、黄金の色をした籾が、ざーーと入っていくのを見ると、とても豊かで、幸せな気持ちになったな、と思いました。
 精米されたお米が、家庭科室の前に置かれているのを見ると、ふわっとお米の香りが漂ってきて、とても豊かな気持ちになります。

 みんなとお米に携われることが、こんなにも尊いことなんだな、と思いました。
 私も、お米が、大好きになれたような気がします。
 嬉しかったです。

〇楽器練習のこと
 先日から、なのはな全体で、楽器練習が始まって、自分も、トロンボーンをみんなと演奏できることが、本当に嬉しいな、という気持ちでいっぱいです。
 ゆりかちゃんが中心になってくれて、トロンボーンの基礎練習を行なっています。
 まずは、マウスピースだけで練習して、口周りの筋肉を作って、音階の幅や、音を出す練習をすることが、重要な事を教えてもらいました。
 ロングトーンや、タンギング、リップスラーまで、どんなイメージで、どこの腹筋を使うかまで、細かく教えてもらえたことが、嬉しかったです。

 休憩時間には、ゆりかちゃんが、トロンボーンを演奏している動画を見せてくれました。
 演奏するのは、理想の音をイメージすると良い、と教えてもらって、その参考の動画でした。
 オーケストラで演奏する、柔らかい、繊細で上品な音から、おもちゃのような、やんちゃで、遊び心のある音まで、トロンボーンの奏でられる音は、幅広くて、魅力的だな、と思いました。

 特に、トロンボーン・ショーティーという人の動画が印象に残りました。
 トロンボーンより小さいころから、トロンボーンを始めたから、その名前だということでした。
 その方は、ジャズの曲に合わせて、トロンボーンを吹いていて、おもちゃのような音で、面白いな、と、心が弾んで、トロンボーンをもっと吹きたい! という気持ちにさせられました。

 トロンボーンの課題曲は、えつこちゃんが、楽譜を作ってくれていて、遊び心がある部分もあって、みんなで、音を出すとき、ぴたっとその音のピッチが合うと、凄く嬉しいです。

 私は、音階を合わせることや、唇のコントロールが、課題なので、練習して、綺麗な音を出せるように、練習を、しっかりやっていきます。