「このままみんなの中を」 なつみ

9月15日

 雨がやんで、お母さん、みんなと一緒にお父さんが石生田んぼで稲刈りをしているところを応援しに行くことができて、とてもうれしかったです。

 わたしは去年、コンバインの補助につかせていただいて、コンバインの動きを知っているつもりでしたが、4条刈りのコンバインは規模が違いました。
 今までが電車なら、今年は新幹線だ! といった印象です。
 そのくらい、スピード感が違います。
 隣のとなりでお父さんより早く、6条刈りのコンバインが稲刈りを始めていて、お父さんの4条刈りのコンバインも、このくらいの速さなのかなぁと思っていたら桁違いで、もう、補助のみかちゃんやよしみちゃん、応援で後をついているわたしたちを置いて、ずんずん進んでいくので、少し湿った田んぼの中を早歩きでついていくのが精一杯でした。

 さらに、4条刈りのコンバインのはずなのに、5条も綺麗に刈っていて、驚きです。
 3日もかからずに稲刈りが終わってしまうのも納得の、ダイナミックなコンバインを、お父さんが操縦できる、使いこなせる、それがとてもかっこ良いなと思います。
 補助のみかちゃんとよしみちゃん、あゆちゃんも機械の様子を見て、的確に手当てをしているのがかっこよくて、わたしも、また来年、稲刈りのお手伝いをしたいなと思いました。

 最後に一周、お父さんの後をついてきたらいいよとお母さんが、「走れー!」と満面の笑みで声を掛けてくださって、お母さんの声掛けに乗って走りました。
 走ったけれど、お父さんが速くて、なかなか追いつかなくて、でも走っているだけで楽しかったです。最後の方を走っていたはずが、いつの間にか前から5番目くらいまでになっていて、後ろを向くとみんなが走っていて、このままみんなの中を走り続けたいなと思いました。
 お母さんの小さいころのお話聞いて、お母さんが楽しかったことをわたしたちにも教えて、体験させてくださることが、とても嬉しかったです。

 最後の一枚も、スムーズに、今日みたいに、愛馬に乗るようにお父さんが軽快に爽快に稲刈りができますように。

 夕方には、ふみちゃんが開墾の桃畑を一緒に見回りをしてくださいました。
 早生のはなよめから紅葉が始まり、加納岩も少しずつ色づき始めていて、異常気象が続くこの頃ですが、桃が秋を感じていることに安心します。
 少し虫食いや、葉の中央がぼこぼこしていて、白くかすんでいたりと、気にするほどでないかもしれない程少しなのですが、気になる葉っぱがあり、これを機に、何がそうさせているのか調べて、勉強したいと思います。
 明日からは朝の時間に見回りの時間をくださっているので、しっかりどれみちゃんとななほちゃんと見守っていきたいと思います。

 今日も一日ありがとうございました。
 桃の防除も、そろそろ考えなければならないので、また相談に行かせていただけると嬉しいです。
 おやすみなさい。