「稲刈りの応援」 るりこ

9月15日

○稲刈りの応援
 雨予報が晴れに変わり、午後からお父さんが運転するコンバインでの稲刈りの応援にお母さん、みんなと行くことができました。
 車3台連なって、石生田んぼに向かっていると、古吉野からすぐそばだとわかっているのに、遠足に行くときに似た気持ちがしました。その気持ちはみんなも同じだったようで、出発するまで中庭の草取りをしているときから、みんなの明るい空気を感じていました。

 石生田んぼに着くと、黄金色の稲穂が一面に広がっていました。心なしか稲の甘い香りも漂ってきて、わたしはこの香りが好きだなと思いました。
 桃横田んぼを進めてくださっているお父さんが到着するまで、お母さんが用意してくださったアイスをいただきながら、みんなで畔に一列に並んで待ちました。畔に座ると、顔のすぐ目の前にたわわに実る稲穂があって、隣に座るまよちゃんが、
「こんなに間近に稲があることもあまりないよね」
 と話していました。みんなと秋の空気を感じながら、稲を眺めている時間がとても穏やかに感じました。遠くには石生西田んぼを進めてくださっていた、永禮さんだと思われるコンバインも見えました。

 しばらくして、新しい4条刈のコンバインに乗ったお父さんがやって来ました。わたしはてっきり、一度コンバインから降りて、稲の状態を確認してから刈り始めるのかなと思っていましたが、お父さんは躊躇することなく、そのままの勢いで田んぼへと入っていきました。新しいコンバインは四隅刈りをする必要がないと話には聞いていましたが、本当に本当に四隅刈りせずに大型の機械が田んぼに突入していくさまをみて、本当なんだなと驚きました。入口以降もお父さんが稲を残すことなく、コンバインを器用に操って、隅々まできれいに刈っていく姿が見ていて目が離せなかったし、とても美しいと思いました。

 コンバインが目の前を通過していくときは迫力がありました。爪に吸い込まれるように稲が流れていき、後ろから籾が取られた藁が整ったままに出てきます。爪の部分をよく見ると、下の方に鎌の様な刃があって、それがものすごい勢いで稲を刈っていました。
 お母さんが、「みんな、お父さんのあとを追いかけたらいいよ」と声を掛けてくださり、みんなでお父さんが運転するコンバインを追いかけました。でもお父さんが乗るコンバインはぐんぐんとものすごい速さで進んでいきました。コンバインの後ろからはぽんぽんとわらが生まれていき、きれいな列が一列、二列と増えていきました。

 お父さんを追いかけて、田んぼを何周も回りました。石生田んぼにお父さん、お母さん、みんながいて、ただその場にいるだけで楽しかったです。

○楽器練習
 昨日から楽器練習が始まり、今日の午前も練習の時間をたっぷりともらいました。
 フルートパートには新しくつきちゃんがメンバーに加わってくれて、全8人になりました。こんなに人が充実していることは今までになかったので、人数がいることだけでも心強く、みんなとフルートが吹けることがとても嬉しく思います。
 つきちゃんは初日から音が出ていてすごいです。今日は音階の指使いもマスターしていて、つきちゃんの上達のスピードには驚くばかりです。

 課題曲は『リベルタンゴ』になりました。譜読みを進めて、今日は全体の4分の3まで進みました。ちさとちゃんがお休みで、れいこちゃん、さやちゃん、なつきちゃんと練習を進めたのですが、お互いにわからないところを教え合い、少しずつできる部分を増やしていきました。わからない部分はわからないと素直に言い合えて、自分がわかるところは教え、反対にわからないところは教えてもらい、そういった助け合える空気がいいなと思いました。

 休憩時間には、それぞれフルートの好きなところやMy楽器の名前を紹介し合いました。れいこちゃんもさやちゃんも、なつきちゃん、つきちゃん、それぞれがフルートの魅力を感じていて、そしてフルートが好きだという気持ちが伝わり、わたしもこれまで以上にやっぱりフルートが好きだなと思いました。
 このメンバーでフルートを吹けることがとても嬉しいです。