「雨が上がって」 えみ

9月15日

*お父さんの稲刈りの応援
 今日は、朝から雨が上がっていて、天気が味方してくれたおかげで稲刈りも出動できて良かったなと思います。
 午後からは、お父さんチームの稲刈りの応援にみんなと行かせてもらいました。4条刈りのコンバインは、立ち姿から迫力があって、お父さんがそれに乗っているだけでかっこよかったです。桃横田んぼを刈り終えてから石生田んぼに移動してきてくださって、刈りはじめからしばらくの間みんなとそばで見学させてもらいました。

 四隅刈りがいらないこととか、スピードが速いことなどお父さんやみかちゃんから聞いていたけれど、それを間近で見ると本当にすごかったです。
 四隅刈りをしなくても刈り残しなく刈ることができるというのが最初不思議だったけれど、お父さんが刈られている様子を見ると、田んぼの端に来た時にコンバインで斜め方向に行って戻ってを何度か繰り返してターンする場所を作り、それから大きく曲がっていっていました。そんなにスピードを落とすわけでもないのに、刈られた場所は綺麗に稲が刈られていて、コンバインの力もそうだけれど、それを操縦するお父さんが本当にすごいなと思いました。
 
 途中稲わらが機械につまってしまったりもしたけれど、そこから上手く脱出できた時も一緒に味わわせてもらえて嬉しかったです。藁を切断していくカッターの部分が使えなくなってしまって、もみの取れた藁をそのまま出すことにしたようなのですが、整然と田んぼにじゅうたんのように敷き詰められていったその光景も綺麗だったなと思いました。

 外周を一周ぐるりと刈り終えて、真ん中の直線部分に入ると、コンバインが本来の力を発揮して、とても田んぼの中を走っているとは思えないくらい物凄いスピードで進んでいきました。私たちも走ってついていかないと追いつけないくらいで、ただただびっくりしたなと思います。夕食の時にお父さんがコンバインの馬力の話をしてくださって、この機械は4条刈りの60馬力なんだと聞いて、そのすごさを感じました。

 最初はみんな畔から稲刈りの様子を見学している感じだったけれど、途中でお母さんが声をかけてくださって、みんなでもみの残った落穂を拾い集めながらお父さんのコンバインに列になってついていきました。ただ走ってついていくだけなのにその時間がとても楽しくて、これこそ幸せなんだな思いました。周りのみんなを見てもキラキラとした笑顔を浮かべていて、温かい気持ちになったし、たくさんパワーをもらいました。

 なのはなに来るまでは、お米は一粒一粒大切にしないといけないと言い聞かせられてはいたけれど、その理由を体で体感することはなかったし、正直あまり本気にはしていませんでした。でも、ここに来てお米のおいしさを教えてもらって、それも育苗から田植えから稲刈りまでみんなで協力してやって、また次の年にお米を頂けるんだと思うと、これ以上に幸せでありがたいことはないなと思います。お母さんが言ってくださったように、今日みんなとお父さんのコンバインを追っかけて走った光景はずっと忘れたくないし、忘れないなと思います。
 明日が機械刈り最終日。最後までうまくいくように、自分も応援していたいなと思います。
 読んでくださりありがとうございました。