「利他心の光景」 りな

9月12日

 今日は、待ちに待った稲刈り初日。ついこの間、池下田んぼ、光田んぼ上の田植えをしたばかりのように思えるけれど、稲は夏の間も止まることなく成長し続け、今は田んぼを一面に黄金色に染めています。今日は盛男おじいちゃんも来てくださって、家族みんなでの手刈りということで、とてもワクワクしました。

 なる足を永禮さんがダンプを出してくださり、あらかじめ用意がされていて、永禮さんも来てくださることがありがたいなあと思いました。光田んぼ上に、たくさんのなのはなの家族が集まって、これから始まる手刈りを、こんなにたくさんの家族に囲まれながら出来ることがとても嬉しいなあと思いました。
 
 スタッフさんがこの日のために、新しい鎌を12本買ってくださり、新品の切れ味の良い鎌を使えたことがありがたくて嬉しかったです。よしえちゃんとペアになって、刈って、8束ずつ重ねた稲を、よしえちゃんが縛ってくれました。

 道路側の一辺に全ペアが並び、一斉に手刈りが始まりました。目の前には、遠くかなたまで黄金色の稲が広がっています。稲の穂が重たそうに垂れ下がっていて、お米がたわわに付いています。それを、一束ずつ、鎌でザクザクと切っていきます。4束を刈り終えると、手のひらでもうこれ以上握れないほどの太さがありました。田植えをした時は、ほんの1,2本の稲だったはずが、こんなにもたくさん分けつをしてくれて、豊作を私達に与えてくれることが、本当にありがたくて、とても満たされた気持ちになりました。稲の穂がシャラシャラと音を鳴らして揺れていて、自分たちで播種の時から育てた稲が、こうしてお米をたくさん付けて、豊作に導いてくれることが、本当に恵まれているなあと思いました。
 
 途中から、私も縛りをさせてもらいました。去年したことがあるはずが、1年経つともう忘れてしまっていました。でも、あゆちゃんが丁寧に教えてくれました。あゆちゃんが、親指に渾身の力を入れて、稲わらをぐっと押し込んでいて、縛りは、スピードよりも、崩れてこないことが一番大切なんだなあと思いました。私もあゆちゃんのように、親指に力を入れて、きつく結ぶことを意識しました。
 
 家族みんなの力は本当に大きくて、どんどんと稲が刈られて、視界が開けていきました。入り口付近が刈れたころから、はぜ立て部隊のみんなが、盛男おじいちゃんの指揮のもと、せっせとはぜを立ててくれていました。後ろを見ると、みるみるうちにはぜが何列も列をなしてきていて、前を見ると、刈り部隊の人が、果敢に稲を刈って進んでいました。家族みんなの中に囲まれて、稲に囲まれて、作業している時間がとても心が温かくて、幸せだなあと、思いました。
 
 休憩のお父さんのお話を聞かせていただいて、稲は日本の文化に大きく関わっているんだなあと思いました。昔、田植え機もコンバインもなかった時代は、地域の人と協力して、何十人もが一つの田んぼに集まって、田植えや稲刈りをしていたんだと聞いて、その光景が、なのはなのみんなでする行事にぴったりと重なるなあと思いました。もう、なのはなファミリー以外の場所で、そんな光景は見られないけれど、昔は確かにその利他心の光景があって、日本を支えていたんだなあと知ることができて、それがとても嬉しかったです。今、たくさんの家族と一緒に協力して、稲刈りを出来ることが改めて嬉しいことだなあと思いました。
 
 手刈りを終えて、はぜにずらーっと稲わらが並べられて干されている光景は、神様が宿っているのではと思うぐらい、壮大でとても美しかったです。これを、私達で作ったのかを思えないぐらい、とても大きい存在でした。こうして、数日間乾かしてから、脱穀やもみすりに入って、新米をみんなで頂くことが出来ます。美味しいお米がいただけるまで、たくさんの工程があって、たくさんの人の手入れがあるんだなあと思って、今、毎日白米を頂けることがとてもありがたいことだなあと思いました。
 
 明日からは、機械刈りも始まると聞いているので、私も精一杯応援したいなあと思います。
 今日は、家族総出で手刈りが出来てとても嬉しかったです。明日も出来ることを精一杯頑張りたいです。