「上達できるように」 えみ

8月31日

*桃畑の草刈り
 今日も昨日に引き続き、あんなちゃん、れいこちゃん、よしみちゃんと一緒に桃畑の草刈りを進めました。
 自分はまだまだ下手で、スピードもみんなみたいに出せていないのですが、草刈り自体はものすごく楽しくて、ずっとやっていたいくらいの気持ちになります。

 あんなちゃんがそれぞれの畑で草刈りの基本的なポイントを教えてくれて、そんな風に基礎から習わせてもらえることがありがたいし、たくさん吸収してちゃんと貢献できるようになりたいなと思います。あんなちゃんやみんなの草刈りの様子を見させてもらうと、すごく焦っている風はないのに刈るスピードが速くて、自分が桃の木のした2本分くらいを刈り終えたくらいで大きな斜面が綺麗になっていたりします。草刈りは慣れることが一番だと聞いているので、毎回毎回少しずつでも上達できるようにしたいです。

 草刈りをしていると、技術面ではまだまだなのはもちろん、日ごろのプランの持ち方だったり、決断力だったりが試されるなと感じます。1枚の畑を刈るのでも、自分の任されたところをどこからどう刈るか。曖昧なまま進めてしまうとグダグダになって全然綺麗に刈れないし、迷っている分時間がかかってしまいます。もっと意志をもって、パッと決断できる力を身につけたいです。

 午後には、初めてハイデルスポンプを使って夕の子の恵白と幼木4本に水やりをしました。ここ数日すごく暑くて桃の木の下の土もカラカラになってしまっているんだと聞いて、今日たっぷりと2500リットルくらいはやることができたのかなと思って嬉しかったです。
 ハイデルスポンプは今まで実際に作業で使ったことはなかったのですが、あんなちゃんから今日使い方も一から教えてもらいました。高低差式やエンジンポンプの威力とは比べ物にならないくらいハイデルスポンプは水圧が強くて、500リットルタンクがものの1分もかからずになくなってしまうくらいで、感動しました。「使い方も覚えて次は一人でもできるくらいになってね」と言ってもらったので、きちんとやり方も覚えておきたいです。

 ありがとうございました。
 夕方近くに吉畑ハウスの前を通った時に石生の田んぼの方を見ると、ところどころ茶色く抜けているところが増えていました。稲の穂がすでに垂れていて、田んぼのそばを通るとお米の香ばしい匂いがします。もうそろそろみんなと稲刈りできるのも楽しみです。