「ネットがけの四拍子」 さき

8月31日

〇秋キャベツの定植

 秋冬野菜の定植が始まりました。
 今回は秋キャベツ。第1弾、第2弾の定植を、やよいちゃんと大人数のみんなで行ないました。

 キャベツの苗はまだ小さいけれど、土がふっかふかでサラサラなので、なんだか安心します。50センチ間隔で穴あけをしていくとき、サイドを絶壁の90度にしそこに苗を沿わせて置きました。それから私は最後までネットがけをしていました。ネットがけはずっと同じ作業だけれど、やり方によってかなり違ってくるものだと知りました。

 やよいちゃんから、スピード感のお手本を見せてもらい、「サッサッサッサ」とリズム感をもってやろうと教えてくれました。ネットをピンと張ることを意識して、畝の端と中間の溝とをまず止めて、それから一列を一気にかきだします。そして、このサッサッサッサで土をかけていきます。四拍子のリズムを刻むように、足とクワとを連動させて止まらず歩きながらやると、楽しかったです。今度やるときは、ネットがけにもってこいの、四拍子でアップテンポの曲を頭の中で流しながらやりたいな、なんて思いました。

 ネットがけは、ゆっくりやってしまいがちな作業だけれど、このリズム感を頭に入れてやっていると、すごくやりやすかったです。疲れも意外と、普通にやるのとあまり変わらなくて、土が柔らかいほど、こっちのほうが速くできるし早く終わると思います。

 ネットがけも無事終わり、最後1時間で河原下畑の畝立てをしました。つい2時間ほど前にお父さんがトラクターがけしてくださった場所ということもあり、土それはもうフカフカで、とても畝立てしやすくてありがたかったです。
 河原上も下も、土がクワに優しくて野菜も元気に育ちそうだなと思いました。明日は30度以下の予報ではあるので、少しは過ごしやすいかなと思うので、作業頑張りたいです。