8月30日(月)「小豆の草取り&第1弾ブロッコリー、カリフラワー植え付け」

8月30日のなのはな

 朝から夏真っ盛りの暑さで、みんなで気合を入れて元気に畑へ出発しました。
 今回は小豆の草取りをまえちゃんたちと回ります。
 最初に行ったのは、コミュニティ畑。小豆は草丈40センチほどあり、その周りには草も負けじと生えています。それをカマでザクッとひとかきすると、一気にごそっととれるのが最高に気持ちがよいです。とればとるほどきれいになっていく畝を見ると、とてもやりがいを感じます。

 

P8300151

 

 草の中にも、べたっとタコのように根を張って土にへばりつく草が多かったです。そのような草はひとかきではとれないけれど、手で簡単にベリベリとはがすことができました。それがものすごく面白くて、ずっとやっていられるほど草取りに夢中になっていました。

 午後からも、ホース畑大・小の2枚の畑を進めました。こちらも、草の量はあったけれど、メンバーも増えて途中お茶休憩をしながらできてうれしかったです。カマでザクザクと刈るのが、稲刈りみたいでちょうど鍛えられるなと思いました。これで稲刈りも手早く刈れそうです。

 

P8300153

 

 今日は最後まではいかなかったけれど、途中から定植班のヘルプへいって、最後大人数のみんなとネットがけまで終わらせられてよかったです。顔からも身体からも全身から汗が出て、たくさん動いてとても気持ち良い1日でした。小豆も、定植したブロッコリーたちも元気に育ってくれるように、私もできることを頑張りたいです。

(さき)

 

***

 

 8月もあと2日、秋冬野菜のシーズンが訪れています。
 木曜日から雨予報が出ているというわけで今日、明日は雨前の秋野菜定植ラッシュです。

 私は1日かけて何人かのみんなと、広い崖崩れハウス前下畑のライン引き、畝立て、ブロッコリー第1弾とカリフラワーの定植、ネットがけを終わらせました。
 秋が訪れているとは言え、今日は真夏のように日差しが強く、暑い日でしたが、みんなはずっと笑顔で、力強く動き続けていました。そんなみんなに私も引っ張っぱられ、力が湧いてくる感覚がありました。次々と立つ畝は真っ直ぐで、高くて、美しかったです。粘土質の畑で野菜を育てるのには高畝を作るのが重大なポイントなため、力いっぱい鍬で土を持ち上げ、ブロッコリーやカリフラワーが育ちやすいように、と思って畝を立てていると、作業がどんどん楽しく感じました。
 時々吹いてくる夏風がものすごく気持ちよく、こまめにノビをしたりや休憩をとりながら作業を進めると時間があっという間に過ぎていきました。
 午前中の時間で9人で25畝中19畝ほど立てることができました。

 

P8300034

 

 午後は畝立ての続きから始まり、役割を分担しながら定植に入りました。
 まず10センチほどの穴を移植ゴテで掘り、籾殻を半つかみ入れます。その上に小さいブロッコリーやカリフラワーの苗を置き、根を少しだけほぐします。その上にさらに半つかみ籾殻をかけ、最後に土をかぶせます。根をほぐし、籾殻のベッドに苗を寝かすことによって、根が伸びやすく、活着しやすくなるのです。

 私はふみちゃんが置いていった苗を定植する役割に入りました。スピード感をもちつつ、繊細な苗をそっと土の中に寝かすのは中々難しいなと感じました。いかに慌てず、自分を消し、気持ちをまだ赤ちゃんであるブロッコリーやカリフラワーに沿わせるのが大切かとつくづく思いました。しかし、小さい苗は本当に可愛らしいです。薄緑と紫色の縁がついた双葉と本葉は本当に愛らしかったです。こんなに小さい苗がこれから根を伸ばし、大きなブロッコリーやカリフラワーになるんだと考えると心がはずみます。定植や種まきの作業に入るたびに思うのですが、植物の生命力はすごいです。

 

P8300057

P8300049

 

 定植から水やりの工程は1時間もかからず、流れるように進みました。
 あっという間に1000株以上のブロッコリーとカリフラワーが畑に植わりました。

 残すはネットがけ。最後の工程とは言え、25畝に防虫ネットをかけるのはなかなか大変です。その時、まえちゃんや他の作業のメンバーがヘルプに来てくれて、大人数で力を合わせて無我夢中にネットをかけていきました。

 私はまえちゃん、ふみちゃんとネットを畝の上にどんどん広げていく役割に入りました。重いネットのロールを持ちながら畝の上で広げるのではなく、最初にロールになっていたネットをすべて引き出し、畝の端に状態で、先端を持ってどんどん伸ばしていく方法で進めました。カーテンを引くように防虫ネットをポールに敷いていく感覚はとても面白かったです。
 25畝にネットを広げ終わると最後に土でネットを留めました。

 夕食の時間が迫っており、もうこの時点では疲れを感じていましたが、それでも周りには一生懸命、野菜を思って走り回るみんながいて、自分のその中にいさせてもらって疲れより、「なんて楽しいんだ!」という思いが自分の中で大きかったです。
 みんな一緒に力を合わせて、限界を超えるまで、明るく、楽しくできる作業は本当に貴重だなと思いました。
 日が沈み始めた6時20分ごろ、ようやくネットがけが終わりました。畑を見渡すと、今朝までなかった畝、苗、ネットがズラッと並んでいるのが見え、今日みんなでこんなにたくさんのブロッコリーとカリフラワーを定植したんだなと考えると、ものすごい達成感がありました。
 みんなの力は本当にすごい。

 

P8300066

 

 一列に並び、みんなで古吉野まで帰った道中は、すごく満足した気持ちでした。
 一人ではなかなか出しきれない力をみんなに引っ張ってもらいながら、精一杯出せて、本当に心が満たされた感覚でした。
 これでブロッコリーも、カリフラワーも無事に活着するのを願います。

 今日の夜はぐっすり眠れそうです。
 明日も秋冬野菜の畝立て、定植ラッシュが続くので、頑張りたいです。

(えりさ)