「エネルギーをもらって」 さき

8月29日

〇縁日を終えて

 夕方、メイクと着付けをして、仕上げにお面をつけて準備万端。全員そろったところで、
 縁日パスポートをもらいました。中を開くと、ゲームと食べ物の屋台が書かれてあり、スタンプラリーのようにサインをもらうようになっています。全部回れるのかと思うと、とてもワクワクします。

 スタートと同時に、私は金魚チームのみつきちゃん、まなかちゃんとしなこちゃんと店番をしに行きました。山小屋から坂を上ったところの道にずらりと屋台が並び、金魚すくいも、にぎやかな飾りをまとって、この店ならではの雰囲気を醸し出しています。お客さん第1号は、よしみちゃんとりなちゃんで、2人ともじっと船の中の金魚とにらめっこをして、すくおうとしているところが見ていてもかわいくて面白かったです。

 それから次々とお客さんが来て、お父さんとお母さんも来てくださいました。
 お父さんが真剣にすくっている隣で、おいしそうに綿菓子を食べているお母さんの姿を見ているだけでうれしかったです。チームのみんなと、ハヤをとるのはさすがに難しすぎるかなと思っていましたが、とれている人が何人もいてすごいなと思いました。私も後でやってみたけどやはり難しくて、生まれて初めて金魚すくいをするものですから、ポイとカップを持っただけでも、これがあの金魚すくいかぁと思って感動しました。

 店番が終わり、4人で屋台を回ることに。ついにきた! この時が。
 準備期間がはるか昔のことのように思えますが、このひと時のために、本当にいろんな経験をさせてもらったのでなんだか不思議な感じがします。いままで各チームでひっそり作っていた制作物も、とうとうお披露目の時がきて、素敵な鳥の的や、花火の的など、どの屋台も華やかで、装飾だけでお祭りの雰囲気が出ていてかわいかったです。
 
 5つのゲームの中で、私はヨーヨー釣りが特に思い入れがありました。かつてなのはなでやったときは、たくさんとれた記憶が頭の隅にあったので、これだけは! と思って気合が入りました。ヨーヨーすくいへ行くと、そこではすでに60個もすくってるあゆちゃんの姿が! 1本のこよりで、そんなにすくえるという事実に衝撃を受けるとともに、すくいの名人あゆちゃん、ほんとにすごいと思いました。

 射的では、今まで一度も当たったことのなかったのですが、2つ的を射抜くことができました。射的と言えばお祭りの定番ですが、私は縁日で一度もやったことがなかったので、なのはなで初めてやってこんなに楽しいものなのかとおもい、すでにはまりそうです。

 屋台にはゲームだけでなく、今日にいたるまでずっとうわさで聞いていたお母さん絶賛のからあげ。お父さんが作ったからあげや、かき氷、焼きそば、綿菓子、冷やしキュウリなどもありました。全部、おいしくて……としか表現できないけど、本当においしかったです。

 今回4人で屋台をまわって、まなかちゃんは初めてのなのはなの縁日で、とっても楽しそうにしていて、それがものすごくうれしかったです。そうやって、まだ来てまもないけれど、ずっと一緒にいたかのように、一緒になって笑って楽しんでくれる仲間がいることが尊く、ありがたいことだと感じます。

 時間いっぱいひとしきり遊んで、屋台の道から降りて山小屋へ戻ってきました。
 あたりはもう何も見えない真っ暗で、ライトだけが唯一の頼りです。しかし、あたりはいっぺんに山の中、山小屋だけがピンクの桃ライトに照らされています。その光景に心が温かくなりました。櫓の周りでは浴衣を着たみんなの踊っている姿があり、ここは夢の中だろうかと思うほど美しいものでした。久しぶりに踊る盆踊りは、振りが飛んでしまった曲もあったけれど、踊っていると身体が覚えていたのか懐かしいこの感覚がうれしかったです。

 縁日ももうお開きの時間。まだあと1時間あると思った数秒後には終わるような勢いであっという間に時間が過ぎてしまいました。魔法が解けるような寂しさも、また明日もみんながいると思うと全く寂しくありません。金魚もハヤもお里へ帰して、今まで大変だったけどありがとうという気持ちを込めてお別れをしました。出目金ちゃんはリビングの水槽で泳いでいます。縁日が終わっても出目金ちゃんの餌を毎日やれると思うと楽しみです。

 また次回も山小屋で縁日をやれてたらいいな、なんて思います。人生で一番楽しい縁日でした。なによりみんなの遊んでいるとびきりの笑顔に、ものすごくエネルギーをもらいました。今日の反省を踏まえて、また次のイベントではもっとよりよいものが作れるよう積み上げていきたいです。