「明日も」 ゆい

8月28日

 縁日を終えて帰ってきました。今日はつきちゃんのお誕生日でもあり、みんなでお昼にお祝いをしながらお弁当を頂けた時間も嬉しかったです。
 みんなの手作りで、お互いがお互いを楽しませる為に企画し、自分たちでも遊びました。
 私が何を隠そう一番楽しみ、としてずっと待っていたおとうさんの唐揚げ屋さんの唐揚げは、ほんっとうに美味しくて、毎日食べたいと思いました。中がジューシー。柔らかくてしっかり味が染み込んだお肉で外はかりっ。また食べたいです!
 
 私は、ビギナーズラックなのか、射的で全てをあてて景品を頂きました。シューティングでも、かなり高得点です! といって貰いました。金魚すくいは、生まれて初めてやりました。小さい頃、できなかったです。
 小さい頃、家の裏でお祭り会場があって、夜になると片付けられていくのが寂しくてしかたありませんでした。悲しくて、どうしようもない気分でした。
 今日はみんなで片付けたけれど、みんなと明日も一緒だし、明日も続きの片付けをして次に繋がっていくことができるので、そういう寂しさはありません。
 だれも気持ちが寂しくならない、そんな縁日は、なのはなのお祭りだなと思いました。
 
 お母さんが声をかけてくださって、櫓を囲んで踊りました。
 みんなの浴衣姿が本当に一人ひとりきれいで、嬉しかったです。
 なのはなの家族のみんなと過ごさせてもらえて、とてもありがたかったです。あたたかいなのはなのお祭りを、これからも作っていけばいいのだな、もし自立しても、作っていければいいのだなと思います。なのはなで教えてもらうことを、自分の周りの人を楽しませるように実践できたらと思います。
 短いですが、一旦提出します。明日、片付けをしっかりしたいです。ありがとうございました。