「畝が綺麗になっていく」 えりさ

8月23日

 今日は久しぶりに真夏のように暑くて、畑でたくさん汗をかいたのがとても気持ちよかったです。午前中は大人数のみんなでお米の選別をしてからキャベツのネット回収とピーマンの草取りを進めました。リビングに新しく設置された水槽から水が流れる音と、トレーに乗っているお米を選別し終わった時、トレーからタッパーウェアに移すときの「シャー」という音しか聞こえない、清らかな空気が好きだなと思いました。
 
 お米の作業をすべてし終えたあと、みんなで畑を綺麗にしました。いいとこ下と崖ハウス前の畑に残ったキャベツのネットを回収して綺麗に収納したあと、半分畑のピーマンの雑草を取りました。今年の雑草は伸びるのがかなり早く、ピーマンの畝肩はだいぶ茂っていたけれど、雨後だったので、とても抜きやすく、手でたくさんの草を根こそぎ取り除き、どんどん畝が綺麗になっていくと心も満たされる感じがしました。お昼前の日差しは強かったけれど、たまにビーマンの葉の間から感じる涼しい夏風がものすごく気持ちよかったです。
 
 作業が終わって、まなかちゃんとみつきちゃんと古吉野に戻る道中、まなかちゃんが嬉しそうに、
「みんななんでそんなに早くて綺麗に草が取れるのですか? 本当にすごいです! 私も頑張らなきゃと思いました」
 と言っていました。まなかちゃんともっともっと畑作業をやって楽しんでもらえたらいいなと心から思います。

 みつきちゃんとまなかちゃんとお風呂に入ったり、縁日の準備をしたり、3人で過ごす時間がすごく和やかで、楽しいなと感じます。まなかちゃんは、音楽、演奏、演劇が好きみたいで、みつきちゃんと2人でなのはなでのイベントについて話したり、なのはなのホームページの写真を見せると、とてもキラキラした目で、「ウワー! 楽しそう!」と言ってくれて、自分もすごくワクワクした気持ちになります。今まであまりみつきちゃんとも作業や一緒に生活する機会はなかったけれど、2人でまなかちゃんのシスターをして、改めてみつきちゃんは明るくて、優しくて、自然体で、何気ない話をしているだけでも楽しいなと思うし、一緒にシスターをさせてもらってとても心強いです。

 明日はギター教室があって、まなかちゃんも見学してみたいと言っているので、とても楽しみです。あと、今週末の縁日もどんどん近づいてきて、夜になったおじいちゃんの山の中で提灯や、みんなの浴衣姿があるのを思い浮かべるだけでワクワクします。
 おやすみなさい。