「ハヤをとりに」 しなこ

8月22日

 昨日の夜にしほちゃんが帰ってきてくれて嬉しかったです。
 今朝も収穫嫁入りや、梅のお礼肥やりの作業を一緒にできて嬉しかったです。
 昼食にしほちゃんが働いているところのチーズを食べさせてもらいました。
 配膳をしていると、あゆちゃんやまえちゃん、しほちゃん、お母さんも来てくださってチーズを盛り付けてくださっていておしゃれなプレートが完成していました。
 チーズの説明をお父さんがしてくださって、ご飯を食べる前にチーズ4種をみんなでいただきました。
 あっさりした味わいから濃厚な味わいのチーズをいただいて、チーズでも様々なものがあるのだなと思って、チーズも奥深そうだなと思いました。
 いただいたチーズはどれもおいしくて、賞を獲得しているチーズをいただけて嬉しかったです。
 職場の方がなのはなのみんなによろしくね、とチーズのお土産を持たせてくれたんだ、としほちゃんが話してくれて、職場の方もなのはなのことを好きでいてくれているだと思って、話が嬉しかったです。
 元気いっぱいのしほちゃんの姿を見て、自分も元気をもらって嬉しかったです。

 午後は縁日の準備でした。
 金魚すくいのチームでは、ハヤをとりに行きました。
「お父さんがハヤとりのスポットを教えてくれたよ」とゆりかちゃんが話してくれました。そのスポットは古吉野から近い、板坂さんの床屋さんのそばの水路でした。
 水路に魚がいるイメージはなかったけれど、行ってみると、いました。
 先に到着していたちさちゃんが早速ハヤをゲットしていて、ワクワクしました。
 自分のイメージはメダカくらいの大きさかなと思っていたのですが、5センチメートルほどある魚でした。
 ハヤとりをしていると、板坂さんも来てくださって、魚網を貸してくださったり、「ここにいるよ」とハヤを教えてくださったり、ハヤとりに参戦してくださって、嬉しかったです。

 ゆりかちゃんが大きな編まれたカゴのようなものを持ってきてくれて、2つあったので、ハヤを追いやって挟みうちにして、挟みうちしたところにザルですくい上げる方法でとっていました。さきちゃんが一度に4匹とることもあって、沢山とることができました。
 写真を撮るのを忘れるくらい、みんながハヤとりに夢中になっていました。
 お父さんもスクーターで見に来てくださって、嬉しかったです。
 ハヤだけでなくて、フナも2匹とれて、金魚すくいがおもしろくなればいいなと思います。
 ハヤは雨が沢山降って池から流れてきたとお父さんが教えてくださって、レアな時にタイミングが合ってよかったなと思います。
 みんなともハヤとりできたらいいなと思いました。