【8月号④】「【畑Cチーム】ハウスの中は黄色の花園に ―― キュウリ、トマト、スイカ ――」れいこ

 Cチームのハウスで、夏野菜の収穫が本格的に始まっています。崖崩れハウス三棟で育てているキュウリは、毎日コンスタントに三十キロ程度、穫れるようになってきました。

 第一弾から三弾まで、ツルは天井に届くまでに伸びて、株がどっしりと大きくなり、頼もしい姿になっています。キュウリは、実の九十パーセント以上が水分であると言われるように、毎日たくさんの水を欲しがります。

 ですから、今では一日に千リットル、水やりを行なって、朝と夕方では一目見て分かるほど実が肥大するところが素直で可愛いらしいです。
      
 キュウリは湿害や病気に対して敏感なので、こまめに気持ちをかけて、手入れをしてやることが必要です。でも、病気は決して怖くないと思います。葉に少し斑点が見え始めたら、そのたびにすぐに摘みとってあげると、風通しもよくなって、調子を取り戻していきます。

 リン系の肥料を定期的に与えると、ツルが力強くなって、実もしっかりとトゲが出て、生き生きとして見えます。

 ツルはくねくねと蛇の字に誘引してきましたが、ついに天井に届くほど、株が成長してきたので、今度は、天井にスズランテープを張り巡らせて、アーチ状に誘引していくことにしました。
  
  
 節なり型のキュウリなので、なるだけたくさんの節に実をつけられたらいいなと思って、ツルの誘導を試行錯誤しています。

 また、株元には落ち葉堆肥を敷き詰めて、土を柔らかくしたり、水もちを良くしたりする効果があります。土づくりや株回りの環境を整えることは、改めてとても大切だなと、キュウリから教えてもらっています。

 まっすぐで素直で、たわわに実をつけてくれるキュウリが、どんどん好きになっていって、この夏いっぱいみずみずしいキュウリを穫れたらいいなと思います。

■花火のように満開の花
    
  
 次に、吉畑奥の新ハウスで育てている、ミニトマトと中玉トマトです。トマトは、真っ赤に色づかせるのがとても難しい印象がありました。

 そのため、今季はカルシウムをどう効かせるか、ということに重点を置いて考えました。株元に撒いてじっくり効かせるPKカルや卵殻と、水やりの水に混ぜる即効性のクエン酸カルシウムなどを組み合わせて、常にカルシウムが満ち足りている状態を保つことを意識しています。
     
 玉が大きいほど、完熟させるのは難しい実感がありますが、中玉トマトもへたまでしっかりと赤く色づいてくれていて、とても嬉しいです。

 中玉トマトは初の試みで、大きさは大玉トマトとミニトマトのちょうど中間サイズで、味は大玉トマトに近いです。素朴な味わいで、旨味がぎゅっと詰まって美味しいです。   

採れたてのトマトとバジルの冷製パスタと、アスパラとタマネギのチーズ焼きのイタリアンメニューを作りました!

  
 最近では、あゆちゃんがトマトとバジルの冷製パスタを、週末のお昼にみんなに作ってくれました。バジルの爽やかな香りと、トマトとモッツァレラチーズの相性が抜群で、ものすごく美味しくて、嬉しかったです。
  

みんなで育てた野菜をふんだんに使った、特別メニューの昼食です

  
 トマトも背丈が支柱の高さを越えてきたので、キュウリ同様アーチ状に誘引しています。リンがとても良く効いて、黄色い花は、まるで花火のように満開に咲いてくれています。最後の実が熟れるまで、トマトの株にきっと元気でいてほしいほしいなと思います。

■黄色いスイカ

 ユーノスハウスでは、果肉の黄色いスイカ『シュガームーン』を育てています。

 子づる四本仕立てに整枝を行ない、つるに一玉ずつ実をつけたいと思っています。子づるの十八節目から二十二節目前後の三番花に着果させるのがよいと調べて、そのころには毎日、人工授粉を行なっていました。

 毎回の見回りがスムーズにいくように、十八節目と二十二節目に赤いスズランテープで印をつけ、その間に咲いた花に人工授粉をするという風に工夫をしていました。
  
  
 すでに三番花は咲き終えて、受粉するべき花には受粉ができました。現在は、大きいもので直径十二センチほどに玉が肥大しています。ユーノスはこれまで土質がぺたーっとして、水もちが悪く野菜がとても育ちにくい印象がありました。

 そこで、スイカを定植する一か月前には、畑にもみ殻と落ち葉堆肥をたっぷりすき込んで、土を休ませてやりました。

 その効果を今すごく実感できていて、病害虫が出にくく、水もちが良くなってると感じられます。夏と言えば海、海と言えばスイカ割り。

 黄色く熟れた大玉のスイカをみんなに届けられるように、これからも手入れを頑張っていきたいです。畑Cチーム野菜の近況でした。


—夏野菜の収穫がピークを迎えています!!ー

 早朝作業は野菜の収穫からスタートします!  
 各野菜の収量が日に日に増していくなか、短時間で効率よく収穫が回るようにチームで作戦を練り、ゲーム感覚で楽しく収穫をしています!  

【3種のカボチャエビス、粉雪姫、バターナッツ】

  

【下町川下畑のマクワウリ】

  

【下町川畑のアスパラガス】

  

【諏訪神社畑の空芯菜】