「嬉しいニュース」 ななほ

8月18日 水曜日

 夕食後、食堂で洗いをしていたらのんちゃんが笑顔で帰って来てくれて嬉しかったです。試験の前日も、いつものように当番に向かって、ぬか漬けを食堂に運んできてくれるのんちゃん。そして、試験が終わってものんちゃんらしく、明るい笑顔でいてくれるのがとても優しいなと思います。

 今までのんちゃんが勉強してきている姿を見ていて、昨日は心の中で何度も、「のんちゃんにとって良い様になりますように」とお願いしました。のんちゃんが勉強に向かう姿勢はとても綺麗で潔くて、そんなのんちゃんが希望だなと思います。

 また、今日はひろこちゃんのお誕生日でした。ひろこちゃんと言うと真っ先に、お天気お姉さんという言葉が思い浮かびます。毎日欠かさずに、リビングの黒板に週間天気予報を書いて更新し続けてくれたり、手拭き交換を毎日していたり、嫁入りの場所作りや何かの記録をしてくれています。

 そんな風に小さなことを継続して続けられるひろこちゃんがものすごく綺麗だなと思うし、私には真似できないくらいすごいことだなと思います。縁の下の力持ちとして、いつも陰で支えてくれたり、時に優しく、時にユーモア交じりにフォローしてくれるひろこちゃんの気遣いがとても優しいなと思います。

 台所作業が楽しい、桃花作りが好きと話してくれるひろこちゃんのキラキラした瞳や今一緒に、同盟サミットでひろこちゃんと話ができる時間も大好きです。常に謙虚な気持ちを忘れずに、よくありたい、正しくいたいと思って前を向いているひろこちゃんが綺麗だなと思うし、丁寧で細やかで、確実なひろこちゃんを尊敬しています。ひろこちゃんと今一緒に過ごせるのが嬉しいです。いつもたくさん助けて下さり、ありがとうございます。

・縁日の準備

 縁日キャンプに向けて着々と準備が進んでいます。昨日はお父さんに何度か確認させて頂き、吹き矢の的と矢が確定しました。的の仕組みは結果的に、ものすごいシンプルで、ただ貼るだけで良かったことに気が付きました。
 どれみちゃんと、「ねえ、これはどうかな?」と話しながらつけてみたところ、あまりにも簡単で材料も少なく、設置するのも直ぐなのに、今までで一番、見た目も綺麗にできて面白かったです。

 もう今までの努力が無駄になったとかそんなのを思うことすらなく、ただ、ただ笑いが込み上げてきました。どれみちゃんやチームのみんなが平常心でいられるのがすごいなと思うくらい、あまりにも簡単で笑えて来ました。でも、そうやって笑えたり、ものすごい嬉しさを感じるのは、今まで考えて、考えてチームのみんなと実験をしてきた過程があるからだなと思いました。

 私はあまり何もしていなくて、良いとこどりのようでチームのみんなには申し訳ないくらいなのですが、みんなと良いものを良い形で創っていけるのが嬉しいなと思います。お父さんも「シンプルが一番だね」と鼻歌を歌い、両手をパチパチさせながら校長室に戻っていき、その姿も嬉しかったです。まだ本番まで時間があるので、より美しく、みんなが楽しめるような飾りや仕組みを考えていきたいなと思いました。

 本番当日は、須原さんは綿あめ屋さん、河上さんご夫妻は焼きそば屋さん。お父さんも唐揚げ屋さんをして下さると聞いているので、みんなで楽しい縁日にできたらいいなと思います。

・まゆみちゃん

 夜の集合でお父さんとお母さんがベリーグッドニュースを話して下さいました。それは、北海道に住んでいる卒業生のまゆみちゃんが妊娠したというニュースです。
 私はまゆみちゃんの直接はお会いしたことが無いのですが、りゅうさんとあゆちゃんの結婚式の時にはがきとお手紙を下さったり、お父さんとお母さんからまゆみちゃんがなのはなで結婚式を挙げたことや、学校の先生をしていることなどを聞いていたので、そのニュースがとっても嬉しかったです。

 最近、お父さんが子育てについての話もして下さり、改めて結婚することや子供が生まれることは大切な事だと思いました。
「人生をキャンバスに例えるとしたら、1人での人生は1色にしかならない。結婚して2人になったら、2色になる。そして子供が生まれたらフルカラーになるんだよ。色の三原色があるようにね、子供が生まれたら人生に様々な色がつくんだ」
 とお父さんが話してくれます。

 私はもちろん、まだ結婚するには早すぎるけれど、人生に色が増えていくのはとっても素敵な事だなと思います。お母さんが、
「子供が生まれたらね、自分も子供と同じ年齢まで戻って一緒に遊ぶんだよ」
 と話して下さるように、子供のお陰で改めて自分の事を客観的にみられるんだなと思いました。

 子供を育てていると、自分の意思や認識力。気持ちの持ち方、知識の多さ、今まで生きて得たことが全て試される。お父さんが以前、「今の自分の生活を、未来の子供が見ているとしたらって思ったらいいんだよ」
 と話して下さったことがあります。

 そう思うと、いつの時も真面目に一生懸命に生きていたいと思うし、今だけではなく今していることがずっと先の未来にも繋がっているんだなと思いました。

 子供に自分の後悔を押し付けたり、コンプレックスを埋めさせる道具にするのでもなく、本当の意味で子供と一緒に遊んで、子供と一緒にもう一度、成長したいです。お父さんとお母さんが毎日、色々な事を教えて下さるのが嬉しいです。

 ここ数日は嬉しいニュースがたくさんあったり、少し先の未来に楽しみがあるので、気持ちが続きやすいなと思います。お父さんと桃の収穫に行かせて頂いてパワーが充電されたり、パパイヤの花が咲いてまた1つ楽しみが増えました。また、山小屋便りでも記事出しをしてゆりかちゃんに見てもらいお父さんにも確認させて頂けてホッとしました。編集やカメラは本当に楽しくて、やりがいがあって、いつまででもできるなと思うのですが、それをただの趣味のようにするのではなく、表現の手段として向かいたいなと思います。