「周りを見れば」 なつみ

8月18日

 日曜日の縁日に向けて、着々と準備が進み、今日はついに試しに遊んでみることができて、とても嬉しかったです。
 わたしは、的の仕組みとか、難しいことはできないけれど、トリビアや的づくりでは、少しでも役に立てたのかなと思うと、とても充実した、今までの準備期間でした。
 明日には、進行やトリビアの内容の確認をして、今回の的となってくれた動物の紹介も完成しそうで、当日が、とても待ち遠しいなぁと思います。

 今まで準備の時間は苦手でした。
 任されたことを自分一人で手前勝手に背負い込んで、一人で嫌になって、全然楽しくないと、ふと思ってしまうことがありました。
 でも、今回は準備の時間が楽しみだと思うくらいに楽しいです。
 なんででしょうか。
わたしは、もしかしたら仕事を壮大に捉えがちなところがあるかもしれません。
ただ壁を作るだけでも、(そんな、壁なんて大変なの作れないよ)と思って、でも任されたからやらなきゃいけなくて、器が小さすぎて、大変さが膨らんで大きくなって、アップアップしてしまっていました。

 アース会議のみんなと絵を塗っているとき、わたしはみんなの良い意味で集中した、ゆったりとした時間を感じて、自分とみんなの意識の差を感じました。
 わたしはいつも必要以上に急いで、求めて、目の前の物が壊れてもいい、仕事が壊れてもいい、終わればいいと思っているところがあることに気が付きました。
 よく考えると、壊れてしまえばそれは成功になんてならないのに、いつも追い詰められていると思います。
 準備の時だけじゃなくて、いつもアップアップしていると感じます。
 一人で急がないで、周りを見れば、仲間がいることを、今回の準備の時間で教えてもらいました。
 自分の認識と、みんなの認識が同じか、何か苦しい時は、落ち着いて見てみようと思います。

 何がこんなにわたしを急かして追い詰めるのか、解りたいなと思います。
 やらなければならないことに追われて、目の前のことが見えなくて、疎かになって、それは人に対しても同じだと思いました。
 言葉がいつも足りなくて、語順はいつもバラバラで、言い方や言葉を考える前に、言葉が先に出てきてしまって、(こんな風に言うはずじゃなかったのに)そうやって、相手に申し訳なく思ったり、自分がいやになることは何度もあります。

 明日のハウスミーティングで聞きたいなと思いました。

 話は、縁日準備に戻りますが、まおちゃんにとって、縁日準備は癒しの時間となっているそうで、それがとても嬉しいです。
 今日は具合が悪かったので、「準備できそう?」と声を掛けると「大分良くなった」と返事をくれて、もし、準備の時間が好きでなかったら、そのまま休んだのかなと思うのですが、笑顔で「出来る~」と言ってくれて、わたしも嬉しい気持ちで準備に取り掛かることができました。
 本当に、どこまでも正直で自分の心に素直だから、嘘がなくて、わたしもとても話しやすいです。
 お父さんお母さん、神様がわたしにプレゼントしてくださったまおちゃんとの出会いを大事に、高めあって過ごしていきたいです。
 よしみちゃんも、桃が少し落ち着きそうだと話してくれて、すこし息抜きにでも、3人で楽しく過ごせたらいいなぁと思います。

 今日も一日ありがとうございました。
 ひろこちゃんのお誕生日で、いつも見えないところで継続してみんなを助けてくれるひろちゃんに、おめでとうと、感謝の気持ちを伝えられて嬉しかったし、ひろこちゃんの良いところを、自分にインプットして、アウトプットしていきたいと思いました。
 おやすみなさい。