「明るい空気」 よしみ

8月17日

 今朝はお父さんも一緒に来てくださって、桃の収穫ができてとても嬉しかったです。お父さんが居てくださるとそれだけでその場の空気が明るい空気になって、いつもより更に収穫が楽しかったなと思います。収穫中も私たちがやりやすいようにとお父さんがさりげなくコンテナを運んでくださったりネットを上げてくださったりして、お父さんは本当に優しいなあと思いました。白皇を収穫するとき、私は時々早採りしてしまうことがあるのですが、お父さんが間あいだで、「もう少し大きくしたいから早く取りすぎないように気をつけてね」と声かけしてくださって、お父さんの声を聞くと私も、その都度、収穫基準を再度意識し直すことができました。収穫が終わった直後から雨が本降りになってきて、やっぱりお父さんの晴れ男パワーは絶大だなと思ってとても嬉しかったです。野菜の収穫嫁入りをしていたみんなも、雨が強く降る前に無事終わったそうで良かったなと思います。
 
 午後からは今週末の縁日で使うお面の絵付けをしました。この間、型を取って乾かしていたお面を見ると、かにちゃんが丁寧に模様の下書きをしてくれていました。私は色塗りがあまり得意ではないのですが、お面には下書きだけでなく、この部分は何色を塗ればいいか色も書き込んでくれていて、私が選んでいたデザインはすごく難しいデザインだったけれどかにちゃんの下書きのおかげでスムーズに絵付けができたなと思います。
 
 私はれいこちゃんと同じデザインのお面だったので、色を塗るときは一緒に色を作って、2人で共有しながら色を塗っていきました。色を組み合わせて自分のイメージ通りの色が完成したときはすごく嬉しかったし、集中して一つひとつに色を塗る作業がとても面白かったです。途中お父さんが来てくださって、絵の具で色を塗るときは必ず筆の左側が塗りたいところの縁に沿うように使って塗っていくといいことを教えてくださり、その後はお面を回しながら左側を使って色塗りすると本当に塗りやすくなって、作業効率も上がって嬉しかったです。
 
 れいこちゃんは最後に白色で模様の縁取りをするとき、筆をチョンチョンと使って点を打っていくような感じで色塗りしていました。そうすると、その白い点々の縁がレースっぽく見えてゴージャス感が出て本当に可愛くて、見本に忠実に作るのも良いけれど、れいこちゃんみたいに少しアレンジを加えるとオリジナルのお面ができていてすごく素敵だなと思いました。私も無事に絵付けまで終えることができ、後は目の部分を切り取ると完成みたいで、縁日の当日にお面をつけられるのがとても楽しみです。

 今日も1日ありがとうございました。午前中にのんちゃんが明日の試験に向けて出発し、私はお見送りできなかったのですが、みんなのお話を聞かせていただけて嬉しかったし、私ものんちゃんが力を出し切れるように古吉野から応援していたいなと思います。

 また、今日からまおちゃんがギター教室に参加することになり、図書室の前を通ると、まおちゃんが一生懸命ギターの練習をしている姿が見えて心が温かくなりました。なのはなで前向きに生活しようとしているまおちゃんが素敵で、とても嬉しかったです。

 読んでくださってありがとうございました。明日も朝食前の時間にあんなちゃんと桃の収穫に行ってきます。明日はあんなちゃんの補助として、あんなちゃんが収穫しやすいように自分も精一杯動きたいです。