「幸せは、今に」 りな

8月14日

 今日は、よしみちゃんのお誕生日でした。よしみちゃんと一緒に畑作業や桃作業をした時に、よしみちゃんがいつも大きく「はい!」と返事をして、リーダーさんに気持ちを沿わせている姿や、いつもキラキラした笑顔でいる姿があって、よしみちゃんと一緒にいると、私もそうあらないといけないなあと、思わせてもらいます。

 いつも明るく、外向きにいられることって、本当に強くて優しいことだなあと思います。自分の気持ちに左右されずに、常にみんなのための人であり続けることの出来るよしみちゃんが、本当に凄いなあと思って、尊敬しています。よしみちゃんの笑顔を見ると、私も元気をたくさんもらって、周りの人を前向きな方に引っ張ってくれるよしみちゃんが、優しいなあと思います。

 今、一緒に金時太鼓に行かせてもらって、まだ太鼓を始めて間もない時だけれど、みんなの中に自然に溶け込んで、目線をしっかり決めて、力強く太鼓を叩くよしみちゃんの姿が、とてもかっこいいです。音楽室では、よしみちゃんがコツコツと太鼓の自主練習を続けている姿があって、何事も努力を惜しまずに、誠実に向かうよしみちゃんの姿勢が、とても綺麗だなあと思います。
 日々、よしみちゃんの笑顔や優しさにたくさん助けてもらっていて、本当にありがとうございます。よしみちゃんのことが大好きです。これからもよろしくお願いします。

 今日も一日雨が降っていたけれど、室内で野菜の嫁入り作業や、お米の選別など、たくさんみんなで作業を進められて嬉しかったです。
 午前には、あんなちゃんやみんなが昨日採ってくれた桃の、嫁入り準備に入らせてもらいました。品種はおかやま夢白桃だけだったのですが、いつもよりもたくさんのコンテナ数がありました。
 おかやま夢白桃は、他の品種よりもとにかく大玉です。熟れている桃は、全体が少しクリーム色っぽくなっていて、見た目からも、とても甘そうです。糖度測定器で計っても、14度、15度が平均で、糖度が高いものは18度にもなって、甘い桃が大豊作でした。
 
 お父さんが休憩の時間に、絶対に緩まないボルトを発明した人のお話をしてくださりました。お話を聞いて、私達も通じるところがあると思いました。
 桃作業の中にも、もっとより良く出来る発明が、たくさん隠れているはずだと思いました。でも、発明しようと思うことが難しいんだと、お父さんが教えて下さりました。
 これまで私は、与えられた役割を、教えられた通りにしてきたと思いました。それが、最善の方法で、当たり前のように感じてしまっていました。でも本当は、教えてもらった方法を吸収して、もっと良い方法はないか、考えながら進化させていくことが役割なんだと思いました。
 桃作業が、もっとスムーズに効率よく出来るように、お父さんがたくさん発明をしてくださって、本当に凄いなあと思います。私も日々、お父さんのようにちゃんとより良い方法を求めて、考えながら作業したいなと思いました。

 夜の集合のお話が、印象に残っています。みくちゃんの質問の答えで、お父さんが原爆孤児のお話をしてくださりました。
 広島、長崎に原爆が投下されて、両親を亡くした子供たちが抱える不幸、誰もが着飾って、物が溢れている中で子供たちが抱える不幸。全然違うように見えるけれど、本質的な生きにくさは同じなんだと、思いました。小さい時に両親を亡くして、物がまだ普及していない時代、親戚や学校から酷い差別を受けて、どこにも居場所がなくなって、それでも生きなければいけない苦しさ、辛さを思うと、胸が締め付けられそうになります。でも、それは昔の話ではなくて、今現在、知らず知らずのうちに、傷を負って、自覚できないまま生きられないぐらいの苦しさを抱えている子供たちがたくさんいます。摂食障害になってしまう子供もいます。

 私は、なのはなファミリーに出会ってから、安心して人と接することが出来たり、過ごすことが出来ています。元気な体をもつことができていて、毎日したい事があります。喜怒哀楽も表現することが出来ます。等身大の自分を好きになってくれる、本当の家族がいます。当たり前のようだけれど、それは当たり前のことではないんだなあと思いました。それが、全部幸せなことなんだなと思いました。幸せは、未来にあるんじゃなくて、なのはなファミリーで生活している今にあるんだなあと、気が付きました。
 
 利己心で満ち溢れた社会の中で、生きにくさを抱えたということ、摂食障害になって、苦しんだということを忘れたらいけないなあと思いました。そのことを忘れて生きてしまったら、今度は自らが、生きにくさを抱える子供を作ってしまうのだと思います。もうこれ以上子供たちが苦しくなってほしくないです。摂食障害になった者として、どう生きたらいいのか、その答えをちゃんと見つけたいです。
 利他心、お父さんとお母さんが、キーワードを下さります。利己心をなくして、利他心を持って過ごしたいです。まだまだ未熟だけれど、なのはなのお父さん、お母さん、みんなの姿を追って、もっと心の中に利他心を入れたいです。

 明日は朝から桃の収穫があるので、自分の出来ることを精一杯頑張りたいです。