「サツマイモ掘り」 まお

8月11日

 今日の朝はブルーベリー、モロヘイヤ、ミニトマトの収穫をした後、嫁入り作業、元肥撒きをしました。ブルーベリーは取っていいものはポロっととれる感覚が楽しく、ミニトマトは真っ赤に熟れているものをみるだけでさわやかな気持ちになりました。モロヘイヤは下のほうにある大きい葉っぱは固いので取るものではなかったり、かといって上の方にあるものは小さいものが多かったので収穫基準が少し難しかったです。嫁入り作業では慣れてきたらスピードをアップしていけるのが楽しいです。元肥撒きは変わらずきつい作業ですが、今日のえちゃんに、
「バケツリレーするとき、まおちゃんからてみが受け取りやすかった」
 と言われてとてもうれしくなりました。私は運ぶのが遅かったりすぐ疲れてしまうのでそのことに対して若干の罪悪感があったのですが救われた気持ちになりました。
 
 午後の縁日の準備のあとは、サツマイモ掘りに参加させてもらいました。やよいちゃん、ななほちゃん、ちさちゃん、なつみちゃんと私の5人という人数でしたので、「そんな少なくていいの!?」と思いましたが、さすがのみなさん、手慣れたもので、私の想像する芋掘りよりスピード感が段違いで、こんな方法で掘るのかあと感心させられました。2人がスコップをもって畝の両側から土を掘り、芋回収係が芋を即座に取り、畝をどんどん進んでいくという方法です。やよいちゃんには、「回収係は獲物を狙う目で芋が見えた瞬間に奪う」と言われたので土と永遠に睨めっこしながら畝を進んでいきました。なんとか時間内に目標のところまで掘ることができてみんなの根性を感じました。私なんかはスコップが中々土の奥まで刺さりもしないのに、それを何十分も続けられるみんなに、私は土を見つめながら尊敬の念を感じていました。
 今日も体力を使ったのでよく寝れそうです。なのはなに来てから入眠がスムーズになって、体を動かしたあとの睡眠の幸せを感じられてよかったなぁと思います。