「みんなの笑顔を糧に」 まお

8月7日

 今日からなのはなの一員としてみんなと生活させていただくことになりました。
 不安と緊張でいっぱいでしたが、シスターさんとしてついてくれた、よしみちゃんとなつみちゃんが明るく笑顔で、優しく色々と教えてくれたりお話をしてくれたので、こちらも気持ちが明るくなりました。
 食事の時の雰囲気は少し独特で気圧される部分もありましたが、みんな私を歓迎してくれる気持ちを話してくれて嬉しかったです。おいしくいただくことができました。
 午後からは縁日の出し物の話し合いで、みんなでイベント事を作りあげていく過程に参加させてもらって、学生時代を思い出し懐かしくなりました。まだ慣れていないのであまり力にはなれないかも知れませんが私にできることがあればなにか助けになりたいです。

 夕方からは始めての農作業として追肥をしました。みんなのチームワークと手際の良さ、生き生きと畑を走り回る姿に感心するとともに私もそれに引っ張られて、体力の消耗と靴ずれがつらかったですが、最後まで参加できました。なつみちゃんが付いて色々教えてくれて、私の体力を気遣ってくれたのも助けになりました。ありがとう。
 草むしりをしていると途中でななほちゃんが鎌を貸してくれたのですが、数年ぶりに感じたバリバリと草を刈っていく爽快感がなんともいえませんでした。
 水をやると肥料が効果を発揮すると教えてもらって、追肥作業の最後の方には雨が降ってきたので、いいタイミングでした。なのはなに帰ってきたころには虹が出ていて、頑張ったご褒美をもらった気分でした。そのあと猫のクロとうめちゃんを紹介してもらって、猫に目がない私はもう疲れはどこかへ行った気分で猫を撫でて癒されていました。

 お風呂はもともと好きなのですがここ数年では観測史上初レベルの汗をかいたあとのお風呂は格別でした。
 明日もまた暑い中汗を垂らしながら靴擦れした足を伴って農作業に行くと思うとかなり憂鬱な気分になりますが頑張った後に待つ食事やお風呂の時間、みんなの笑顔を糧にして、なのはなでの生活に慣れて続けられるとよいなという思いです。