8月7日(土)「テーマは「縁日」山小屋でのイベントに向けて&虹と共に追肥ツアー」

P8070185

 射的に、パチンコ、金魚すくい、ヨーヨー釣り……。

 2週間後に山小屋で行なう「縁日」をテーマにしたイベントに向けての準備が始まりました。
 
「参加資格は、浴衣とお面とカード。お面は、1人ひとつ作ろう」
と、お母さんは話してくれました。

 毎日、同盟サミットをしているチームごとに、前回山小屋に作った秘密基地を使って屋台を出します。
 わたしは、アース会議で「パチンコ」の屋台をみんなで開くことになりました。

P8070187

 長机をみんなで囲んで
「どんな的がいいかな」
「どうやって的を設置したら面白いかな」
と話し合いをして、夢を膨らませる時間が楽しかったです。

 細かいことは、まだ秘密なのですが、的のテーマは、お父さんとお母さんとチームのみんなで話し合って、決まりました。

「山小屋にあったテーマで、それでも時々、「あれ?」と思うような的があったら面白いんじゃない?」

 お父さんのアイデアに沿って、役割分担をして政策に向けての準備を進めていきました。

P8070199

 考える時間、作る時間、実際に施行する時間、全ての時間に、遊びと夢がいっぱい詰まっていて、その中を普段一緒に話をしているみんなと過ごせることが、とても楽しみです。

「もっとやりたい!」
 アンコールが出るくらい、飛び切り楽しいパチンコができるように、過程からみんなの事を思って、作っていきたいです。

(なつみ)

***
P8070235

 ほくほくの温もり。酸っぱく、密度の濃い香り。野菜たちに欠かせない主食、牛肥。
 ピーマン、ナス、キュウリ、ゴーヤ。夏も最盛期の今、たくさんの野菜が毎朝とれています。そんな野菜たちにスタミナを蓄えてもらうよう、今日は牛肥の追肥ツアーに行きました。

P8070211

P8070216

P8070207

 私は主にスコップを使って牛肥をてみにつめる役割に入りました。牛肥の上に乗ると、発酵の熱が直に伝わってきました。お腹がすいている野菜たちのことを思って、そして受け取りに来てくれたみんなを思って、ひたすら詰めていきました。
 小さなスペースをいかにうまく使い、無駄のない動きをするのか。立ち位置や手身を置く位置、てみ回し。それもだんだんと牛肥が少なくなって山の高さが変わってくると、また答えは変わってきます。
 極めていくことは難しかったです。だからこそ、頭ではなくすべてのエネルギーを体に回して、身体で勝負しました。撒き舞台の人たちがハイっと笑顔で受け取ってくれることがうれしかったです。そうやって目の前の一杯に夢中になっているうちにあっという間に「終わりました!」という声が聞こえて、本当に早かったです。

P8070225

 今日は風が吹いていました。とても心地よかったけれど、牛肥さえも風に乗って踊っていて、気が付いたら牛肥パウダーをしたみたいになっていました。それでもおかまいなく、一杯でも多く、スピードを意識してがむしゃらに作業するのは本当に楽しいです。力いっぱい作業をしていると、小さなことが全部吹っ飛んで、前向きな気持ち、強い気持ちになれます。そんな牛肥撒きが私はやっぱりすごく好きだなと思いました。
 暑いのに、それでも熱い牛肥をもらって喜んでいるように見えて、それは、こんな夏でも熱々のご飯がとてもおいしく感じる私たちと同じ気持ちなのかなと思いました。

P8070257

P8070260

 卒業生の子が帰ってきてくれて、畑を見渡すとたくさんの人があっちへこっちへ走り回っていて、すごく活気があり、その中にいられただけでうれしかったです。
 作業終了10分前。雷が鳴り、怪しかった雲行きがついに崩れ、雨が。ちょうど落花生の追肥まで終わらせることができたタイミングでした。ぎりぎりまで待ってくれていたようでした。

P8070263

 ずっと待ちに待っていた潤いの雨。追肥がしみこむ恵みの雨。作業も目標達成し、雨が降り、すごく満たされた気持ちで終わりました。
 そして帰り道には虹が。作業後の虹は一層美しく見えました。牛肥が沁み込んで、この暑い夏を元気に乗り越えてほしいです。

(ちさ)

***
P8070169

 夏野菜が大好きなのは人だけではないようです。やはり、害虫はやってきてしまいます。
 なのはなでは、自然農薬に力を入れて様々な虫に対してあったものを使っています。
 今回は、ゴーヤとキュウリにそれぞれ違う害虫がきていましたが、コーヒー洗剤防除をしました。
 このコーヒー洗剤防除はカメムシに良く効くらしく、ゴーヤにはカメムシがついてしまっていたので効果が楽しみです。
 キュウリはアブラムシやアリが出ていますが、この害虫たちにも効いてほしいです。

 水10リットルに対し、コーヒー300倍と洗剤キャップ2杯を混ぜたもので、コーヒーの独特のにおいは虫が嫌がり、洗剤で窒息させるという効果があります。コーヒーは、お父さんが使いやすいように煮詰めて防除液にしてくださったものを使いました。コーヒー殻だと使いにくいだろうと液状にしてくださいました。

P8070172
 
 キュウリの畑では、葉についたアブラムシやアリを退治するために葉の両面と土にもかけました。すると、何かわからないけど小さな虫がぴょんぴょんその場から立ち去っていくのが見えて、しめしめと思いうれしかったです。地這いキュウリがいつの間に黄色の花が付き、つるをはわせているのに生長を感じました。

 続いてゴーヤですが、ゴーヤにはチャバネアオカメムシという緑色のカメムシです。これはピーマンにもくる厄介なやつです。茎や実を吸汁し、茶色くなったり傷がついてしまいます。ゴーヤはつるもネット前面に茂り、葉や実をくまなく探してつぶすということが難しく、その点防除をしてカメムシを追い出すというのはとても手っ取り早いと思いました。3回にわたり防除してきましたが、今日畑へいくとあきらかに減っているように感じました。

 これから、効果がどのようになるのか楽しみです。また、自然農薬を野菜にやってみて、これは効く! というものが見つけられたらいいなとおもいました。

(さき)

***

P8070098
〈マクワウリが収穫ラッシュです! 次々に熟れ始めたくさん収穫できました。三角メロンも収穫しています。甘くて爽やかなマクワウリをたくさんいただけて嬉しいです〉


P8070101

***
2

 桃チームでは今日も1日を通して収穫や作業などを行いました。
 早朝作業の時間は収穫を行い、今日はおかやま夢白桃の収穫をメインに行いました。
 これまでたくさん収穫してきた清水白桃は今日で全収穫を行い、なつおとめも木に残っているものがわずかになりつつあります。一つの品種が終わる頃にまた次の品種の収穫が始まるような感じで、今年はとても良い流れで収穫ができているとあんなちゃんが教もらい、それぞれの品種をベストな時期に収穫できることが桃にとっても私たちにとっても本当に嬉しいなと思いました。

1

 おかやま夢白桃の収穫は昨日から少しずつ始まって、日に日に熟れていく量が増えてきています。おかやま夢白桃は清水白桃のように真っ白な肌をしていて、大きさは他の品種と比ても本当に大きい桃です。収穫基準もあんなちゃんに教えていただいて、早採りにならないように気をつけたり、この品種は特に桃に跡がつきやすいため慎重に収穫していきました。今年の桃の収穫も後半に入っていて、残りの桃たちも最後まで大切に収穫していきたいです。

P8070183

P8070196
 
 また、夕方の作業では開墾26アールの「白皇」という品種の桃の木にネットがけも行いました。回数を重ねるごとにネットがけも慣れてきて、今日も4人という少人数でしたがみんなで協力しながら3本の白皇の木に大きなネットを30分ほどでかけることができました。昨年に比べるとネットがけも遙かに短時間でできるようになって本当にすごいなと思います。今日で奥手の品種の全ての木のネットがけが終わり、これで収穫時期まで安心です。ネットがけが早く終わったので残り時間は桃畑の草刈りも進めることができ、充実した時間がすごく楽しかったです。

(よしみ)