8月5日(木)「秋冬野菜の発芽&草取りツアー」

8月5日のなのはな

 今朝9時30分に育苗テントへ見回りに行くと、8月3日に蒔いたキャベツ670粒中約40粒、ブロッコリー710粒中約10粒、アスパラ菜120粒中約90粒が発芽していました。同じときに蒔いたカリフラワーはまだ発芽していませんでした。発芽までの日数を調べたとき、キャベツもブロッコリーもアスパラ菜もカリフラワーも、発芽まで5日~1週間と書かれてあったので、芽を出しているのを見たときビックリしました。種まきから43時間くらいしか経っていません。

 

キャベツ
〈キャベツの芽〉

 

 特にキャベツは28度以上になると芽が出ないと書かれてあり、温度計が日中37度を示しているのを見ると、もう少し涼しい場所に移した方が良いのだろうかと思っていました。
 テントの下でも日光が射してくる角度によっては日が当たっていて、日の当たるところでは温度計を見ると44度になっていました。すだれをかけたら、36.8度に下がりました。種が煮えないで芽を出すのがすごいなと思いました。

 双葉は潰れたハートのような形で、キャベツとブロッコリーはまだ発芽したての黄色い色をしていました。葉がまだ閉じています。アスパラ菜はもう草丈1センチになるものもあり、葉も緑色をしています。葉が開いていて、カタバミの葉がとても小さくなって切れ込みが浅くなったような形をしています。

 

アスパラ菜
〈アスパラ菜〉

 

 ブロッコリーは、キャベツの芽よりもがっしりした感じです。茎が少し太いです。根がタンポポの綿毛のようにフワフワしていました。

 夕方にはアスパラ菜が少し徒長気味になってきていて、明日は芽がたっぷり朝日が浴びられるようにしたいです。
 
(さくら)

 

P8050115
〈種をかぶって地上に芽を出したブロッコリーの下には、ふわふわとした根が見えました〉

 

***

 

 午後は草取りツアー! 回る畑は、半分畑のピーマンと、河原小田んぼ畑の白大豆と、河原大畑のサトイモ。目標は、半分畑と河原小畑は全面、河原大畑は3分の1まで。みんな、鎌を片手にやる気満々で、午後4時から草取り始動です。

 草取りツアーの前に、草刈り鎌を使って効率よく作業を進めるための確認をしました。鎌の柄から半分~3分の1の刃を地面につけて、草1株ワンアクションで、刈る。1株を左手で掴んで、右手の鎌は根元を地面に付けて、すっと手前に引いて、ワンアクションで、刈る。何度も何度も動かして刈りません。1株ワンアクションです。これで無駄な動きがなくなります。すっと、1株ワンアクション。これが合い言葉です。

 

P8050130
〈今回草取りをした作物の一つである白大豆は、今、紫色の花を咲かせています〉

 

 半分畑のピーマンの草取りを始める前に、みんなで合言葉を確かめてから、始めました。1本の畝間に1人ずつ入り、刈った草は畝間の脇に綺麗に揃えて置きます。すっ、すっ、すっとテンポよく株を掴んでワンアクションで刈ると、進みが速い! すっと刈れて、どんどん畝が綺麗になっていくのが、とても楽しくて嬉しい。時間も忘れずに。3分おきにタイムコールをして、みんなに時間を意識してもらうのも大事です。スピードを意識しながらみんなでやる草取りって、なぜこんなに楽しいのだろう。あっという間に、5時には半分畑を終わらせることができました。

 続いて河原小畑。今回も1人1畝間に入り、畝の片側を15分で取り切る目標で進めます。
 今夏、草の勢いは旺盛だけれど、その分、ワンアクションの刈り心地は抜群です。どんどん綺麗になっていく様子が肌で感じられてとても楽しいです。草が少ない部分は「ラッキーゾーン」と名付けて、ラッキーゾーンに突入した人は、「ラッキーゾーン入ります!」と声掛けをしました。みんなが、「お願いします!」の返事。誰かがラッキーゾーンに入ると、進みがいいんだな、と思えて力が湧いてきます。ラッキーゾーンだと、どんどん進むのでやりがいを感じる事ができます。タイムコールも忘れず、時間を意識しながら、1株ワンアクションでスピード意識。持ち場を早く終えた人は、終わっていない場所のヘルプに回りながら、目標の午後6時きっかりに終わらせることができました。

 

P8050134

 

 続いては、河原大畑のサトイモへ。目標は畑の3分の1の範囲です。全部で34畝あるので、11畝くらい進めたい。みんなでまた畝間に入って進めました。夕食の時間もあるから、6時20分には終わらせよう。1株ワンアクションでスピード意識。サトイモも大きくなっています。草は固いけれど、その分刈れたら気持ちがいい。みんなでヘルプに回り合いながら、12畝を進めることができました。目標通り。みんなで目標を達成できると、草取りももっと楽しく感じて嬉しかったです。

 草取りは大人数でやることが多いし、みんなとの一体感を感じられてすごく好きな作業です。次の草取りも、みんなと目標を意識しながら楽しんで行なって、みんなとこの夏を乗り切りたいです。

(まち)

 

***

 

P8050063
〈桃の作業では、収穫の始まった「おかやま夢白桃」と、晩生の品種「白皇」に水やりも行ないました〉

 

P8050068
〈ユーノスハウスで育てている、スイカの実の収穫が間近です!〉