「見渡す限り」 えみ

7月31日

*海!!
 今日は、家族みんなで海に行きました。休日でお仕事組さんも何人もいてくれて、今回は河上さんとお孫さんやあゆみちゃんたけちゃんも来てくれて、たくさんのみんなと遊べた時間がものすごく充実していて楽しかったです。海までの道中も事故なくみんなと行って帰ってこれて、天気にも恵まれていてよかったです。
 鳥取の海には去年も行かせてもらったけれど、やっぱり本当に綺麗な海で、その場にいるだけで心が癒されました。見渡す限り水平線が広がっていたり、遠くから見ても海の底がはっきりと見えるくらい水が透き通っていたりして、美しい自然を見ると豊かで幸せな気持ちになったなと思います。
 
 今日は1日同じチームの中でペアかトリオになった人と行動させてもらって、私はさとみちゃんとペアでした。さとみちゃんはなのはなで海に行くのは今年が初めてだと言っていて、一緒にいけて良かったなと思ったし、普段はマックに行っているのでなかなか一緒にいられる機会がないので、たくさん話すこともできて嬉しかったです。
 オープニングのお宝さがしゲームから始まり、その後の昼食までの時間は自由時間でした。ケンタッキーチームは洞窟を抜けた先の開けたところでひたすら遊んでいて、夢中になって遊んでいると1時間があっという間に感じたなと思います。

 岩の近くの場所に潜ると、100匹単位で魚の群れがいたり、あゆちゃんに教えてもらってフグも1匹見ることができました。魚も1種類ではなくて、模様や形の違ったものを何種類か見かけることができて、私はその名前は分からなかったけれどそれだけ豊かな海なんだなと感じて嬉しかったです。えりさちゃんや何人かのみんながアメフラシという生き物も見つけてくれて、見せてくれました。スライムのようにぷにぷにしていて、一見何かと思ったけれどよく見ると可愛らしいなと思いました。

 お昼休憩をはさんだ後には、砂のお城コンテスト、スイカ割りなど恒例のイベントも用意してくださっていて、どれも盛り上がって楽しかったです。スイカやマクワウリ割りは、新しいルールですることもできて、見ていてもやっていてもドキドキして面白かったなと思いました。
 砂のお城コンテストでは、一チームにつき2つ作品を作ることになっていて、一つはできるだけ高い砂のお城、もう一つはそれぞれのチームでお題がかかれたくじを引いて、そのテーマに沿ったものを作りました。「○○娘」というのがテーマで、海の生き物にちなんだ「タコ娘」「カモメ娘」「カメ娘」「ナマコ娘」なんかがあり、私たちのチームは「イルカ娘」でした。まえちゃんがこんな感じにしたいというイメージを膨らませてくれて、それに近くなるようにみんなで砂を形作ったり、貝殻や海藻なども使って素敵なイルカ娘を作ることができて、嬉しかったです。河上さんのお孫さんのようたろうくんもチームに入ってくれていて、ようたろうくんは砂をトロトロにして塔にするのが上手くて、みんなの中で夢中になって遊んでいる姿を見るだけで自分も嬉しい気持ちになったなと思います。

 完成した後には他のチームの作品をみんなと見させてもらって、どのチームもユーモアがあって面白かったし、特にナマコ娘の目が可愛らしくて目を引かれたなと思いました。

 マクワウリ割りでは、5つのマクワウリを円状に並べて、チームごとにその周りの決められた5か所の位置に並びました。そこから反時計回りに2つ目の位置のマクワウリが自分たちのチームの狙いで、それを割ることができたら得点、その前に他のチームの人に切られてしまったらアウトというルールでした。今までにないルールで、最初は難しいと思ったけれど見ている側もすごく盛り上がりました。

 最後には大玉スイカでお父さんお母さん、須原さん河上さんの対決があって、それも一瞬だったけれど最後まで展開が分からなくて面白かったなと思います。
 帰るまでの自由時間には何人かのみんなとお父さん、あゆちゃんと一緒に泳ぐ競争をさせてもらったり、お父さんから海の中でできるストレッチの仕方を教えてもらったりしました。2人ペアになって、一人の人がもう一人の人を支えてあげて、腰から左右や上下に動かしてあげるというものなのですが、これがとても気持ち良かったし、泳ぎ方にも色んなレパートリーがあって、何でも知っているお父さんがすごくてかっこいいなと思いました。
 
 海に行って泳ぐのも楽しかったけれど、ただプカプカと浮かんで波に体を当てているだけでもそれだけで気持ちが良かったし、スケールの大きい雄大な自然に囲まれて、その中の一部としてそこにいるだけで心が洗われるような気がしました。普段畑作業をしていても楽しいことには変わりないけれど、自然ってこんなに大きいんだとエネルギーを感じると、いつも小さなことでくよくよしてしまう自分が何てちっぽけなんだろうと思いました。

 今日は周りにいる誰もがとびきりの笑顔を浮かべていて、それが嬉しかったし、なのはなのみんなで行くからこそ、こんなに海が楽しいって思えるんだなと思いました。
 この日のために台所さんやみんなが準備をしてくれて、家族みんなで行けたことがありがたかったし、今から次回が待ち遠しいです。
 海で体も心もリフレッシュされて、また明日からも頑張そうだなと思います。
  
 読んでくださりありがとうございました。