「レポート」 りな

7月27日

 今日は一日、勇志国際高校のレポートをななほちゃんとりんねちゃんと一緒に進めさせてもらいました。
 生物基礎の授業が印象に残っていて、楽しかったなあと思いました。遺伝子や、DNAという言葉が出てきて、聞いたことのある名前だけれど、それが何なのか知りませんでした。でも、たくさんの科学者が行なった実験方法などを読んでいると、一緒に謎解きをしているみたいで楽しかったです。今は、人間の中に遺伝子があって、その中にDNAが入っていることが当たり前のようになっているようだけれど、それは昔の、たくさんの科学者が発見したことの積み重ねなんだなあと思いました。科学者の人が、同じ分野の事でも、違う時代でまた、研究をより細かく、確実なものに進化させてきたことが、凄いなあと思いました。

 古吉野の校舎内に、背の高くて大きいヒマワリが生けてあって、とても華やかでその場がぱっと明るくなるなあと思いました。ヒマワリのオレンジ色が鮮やかで、夏を感じてとても嬉しくなりました。
 昼食や夕食にも、ピーマンやアスパラ、キュウリ、ゴーヤなど、夏野菜がたっぷり入っていて、色鮮やかで夏野菜が入っているだけでとても豪華だなあと思いました。夕食には、お父さんが教えて下さったレシピの、空芯菜炒めがあったり、バジルの副菜もあったりして、とても美味しくて嬉しかったです。
 
 午後にリビングで、勇志のレポートをしているとき、たけちゃんも一緒にリビングに居てくれました。たけちゃんが満面の笑顔で笑ってくれているのが、本当に可愛くて、心がほっこりとしました。少し眠たくなったようでぐっすりと寝てくれて、たまに私達と同じように、寝返りをうっていました。たけちゃんの成長を間近で感じてとても嬉しくなりました。 

 明日は桃の収穫が再開します。明日から清水白桃や、他の品種もたくさん採れてくるのかなあと思って、気を引き締めて、出来ることを精一杯頑張りたいです。