「できることが増えて」 まち

7月27日

 今日の午後は、さきちゃんとせいこちゃんとはるかちゃんと、ピーマンの落ち葉堆肥敷きをしました。私が軽トラを出して、はるかちゃんが常に助手に入ってくれて、不安だった肥料倉庫に入るときも、崖崩れハウス前に停めるときも、はるかちゃんが丁寧にバックを見てくれてとても安心しました。はるかちゃんは、いつもどんな作業にもまっすぐ向かっていて、とても潔くて爽やかだと思います。誰に対しても明るくて、素敵だと思います。いつもは学校組さんのはるかちゃんと、今日は一緒に作業ができてとても嬉しかったです。

 落ち葉堆肥敷きは、最初は4人でちょっと大変だな、と思ったけれど、6時前からヘルプで6人くらい来てくれて、一気に怒濤の勢いで終わらせることができてとても嬉しかったです。終わらせる、と思ったら、身体がとても軽く感じて、半分畑を50メートル走並みに走って、さくらちゃんやえつこちゃんと落ち葉堆肥のバケツリレーをしながら一気に進めるのがとても楽しかったです。私、走れるじゃん、と思いました。

 午前のゆったりタイムの前に、しなこちゃんがそわそわしながら近付いて来て、まちちゃん、ゆったりタイム時間ある?と聞いてきて、田んぼの見回りに行きたいんだ、と言ってくれて、一緒に山裾田んぼと石生西田んぼの見回りに行けたことがすごく嬉しかったです。そのときに、さやちゃんから、まちちゃん、軽トラ出すなら池上のタンクの補充をして欲しいと言ってくれて、田んぼを見回ったあとに、しなこちゃんと池上ぶどう畑のタンク補充をしました。タンク補充は実は初めてだったけれど、しなこちゃんがいるからとても心強かったです。しなこちゃんが、かにちゃんから池上の補充をするときは、上から行って上から帰ってきてね、と言ってた、と教えてくれて、タンクを補充したあとも、バックで下がるときも、しなこちゃんが丁寧にバックを見てくれて、無事に事故なくタンクを補充できてとても嬉しかったです。さやちゃんがとても喜んでくれて、それがとっても嬉しかったです。

 バックで下がって、無事に前に進めるときも、私があー、良かった! とか言っていたら、しなこちゃんが、最後まで安全に見るね、と言ってくれて、しなこちゃんがいつも冷静にリードしてくれて、とても安心しました。先走って気持ちが急いて、テンションが上がりがちな私を守ってくれている、と感じました。とても有り難かったです。

 軽トラを運転できたりとか、車を運転できるようになって、世界が変わったように思います。できることが一段と増えて、みんなの役に立てることが本当に嬉しいです。どこまでも行ける、とても身軽になる、と思って、とても嬉しいです。気持ちが軽くなって、とても嬉しいけれど、いつも、事故の怖さと隣り合わせだと思います。調子に乗ったり、一人でもいけるもん、とかおごりが出た瞬間に、事故が起こって、誰かが傷ついたりしてしまうと思います。絶対に、自分は謙虚な気持ちを持ち続けたまま、なのはなで運転させてもらおうと思います。運転に慣れて来た頃が一番怖い、とよく聞きます。助手の人のありがたみを感じながら、大事に運転します。

 なのはなに来る前は、免許なんて取る意味ない、面倒臭い、と思っていたけれど、今、取らせてもらって本当に幸せです。できることがたっくさん増えて、仕事がたくさんできます。とても嬉しいです。私に免許を取る機会を与えて下さって本当にありがとうございます。

 軽トラでの作業とか、できることが増えて、すごく嬉しいです。働いている、という実感があって、すごく楽しいです。人に優しい運転をしたいです。安心、安全の運転ができるようになります。

 暑い日が続くけれど、毎日楽しく過ごせますように。読んで頂いてありがとうございました。