「ちゃんとした生き方をしたい」 せいこ

7月25日

 どこまでも、優しくなりたいです。ほんとうの意味で、優しい人になりたいです。手を抜きたくないし、真面目でいたいです。人として、ちゃんとした生き方をしたいし、どうすればそうできるかを知りたいです。
 なんだか変な日記になってしまいそうです。
 私の心の中は、いろんな人格が混在していて、カオスで、ずっと、自分がどういう人間なのか分からなくって、今もよく分からないけど、最近感じ始めたこの感覚が本当の私の気持ちであると信じたいです。

 今日のお楽しみ会でも、かにちゃんと角材を軽トラに載せていた時、私のせいで真っ直ぐに載せられなかったり、長い廃材を運ぶとき、後ろの前を持っていてくれていたなつみちゃんの足元を気遣えなかったりしました。一生懸命やっていても、私の視野は、まだまだ狭すぎて、うまくいかないことはもちろんあって、でも、それももっと真摯に受け止められるようになりたいです。絶対もっとうまく動けるように、いろんなことができるようになって、今以上にみんなの役に立てるようになる。人として、美しい、優しい生き方ができるようになる。そうならせてください。誰に祈っているのか分からないけど、そんな気持ちでいっぱいです。

 うまくいかないことばっかりだけど、毎日手を抜かずに、真面目に、毎日自分の精一杯で生きていたら、自分の中の神様は、自分を裏切らないんじゃないかってどこか思っている自分がいます。そう思うと救われるし、安心します。なのはなでは、どこまでも真面目に生活しても、誰からも馬鹿にされないし、絶対に意地悪はされないことが、分かってきました。本当に有難い場所だということに最近ようやく気がつきました。

 私はまだほんとうの優しさってなんなのか、正義はなんなのか、全然分かっていないです。だから優しくいたい、と思っていても、あらぬ方向にいってしまいます。でもなのはなファミリーで、本当の優しさのその答えが見つかるんだと信じたいです。

 さっき補充でボールペンを頂きました。この間もらったばっかりだったのに失くしてしまって、でもそれが言えなくて、「壊してしまったので新しいのをください」と言ってしまいました。本当にだめでした。ごめんなさい。嘘をつくと悲しくなることがわかりました。もう嘘はつきません。あと失くさないようにします。