「理想的な夏休み」 ななほ

7月25日

 4連休最後の日曜日。前々から、「4連休最後の日にお楽しみがあります」とお母さんやあゆちゃんから話を聞いていたので、とても楽しみにしていました。

 とはいうものの、桃は私たちを待ってくれません。朝、みんなが起きる少し前から桃の収穫に行きました。あんなちゃんが、「今朝は主に『清水白桃』の収穫をしたいと思います」と話してくれて、まずは開墾26アールです。
 私は連日、カメラを持たせて頂いていたのですが、本当に桃畑にいると非現実的な気持ちになり、写真を撮るために撮るのではなく、写真を撮りたいと思うものが目の前に広がります。

 朝日が昇って、真っすぐに射す太陽の光。昨日の太陽は夕日のように少し暖かい色だったのですが、今朝は爽やかな涼しげな色でした。桃の樹の下にいると、風で葉っぱがそよそよと揺れる度に、キラキラと太陽の光が差し込んできます。

 桃の葉っぱの影、光の動きを見ているとこんな背景があったらいいのに、こんな浴衣の絵柄があったらいいのにと思うくらい、綺麗でした。また、滝川沿いの桜並木の中にある枝垂れ桜の樹も、とても夏らしく涼しげで、その景色を見ていると少し欲張りかもしれないのですが、枝垂れ笹があったら夏の風物詩としてピッタリなのになとも思いました。

 本当に自然の緑や光がとても綺麗で、毎朝、畑に行くたびに自然に癒してもらっているなと思います。そして、今朝も『清水白桃』がたくさん採れて、私は補助をさせて頂いたのですが、以前よりも収穫基準が頭に入ってくるのを感じました。やっぱり光の当たり方によっても、青く見えたり、黄色く見えたりして清水白桃は特に基準の見極めが難しく感じたのですが、無事に収穫できて良かったです。

 今年は異常気象の関係で、実の半分だけが熟れていたりとか、青くても過熟になっていたりとか、少し桃のコンデションが不釣り合いな所もあるのですが、私も収穫基準をしっかり覚えたいなと思います。
 また、今日から新桃畑の『なつおとめ』も採れ始め、収穫の最後にはネット掛けも1本できて、とても充実した朝でした。

・理想的な夏休み

 お楽しみ会に行きたい。そんな気持ちで午前は桃の糖度測定やお嫁入りを進め、予定よりも早くお昼前には作業を終わらせることができました。そして、古吉野に戻ると、グラウンドでは竹の枝打ちをしている人、木を燃やしている人、落ち葉堆肥を運んでいる人、石を運んでいる人、丸太を運んでいる人の姿がありました。

 一瞬、何が起きているのか、みんなが何をしているのか分からなくなったのですが、お母さんが「今日は片付けオリンピックだよ」と話してくれて、すごく嬉しかったです。片付けオリンピック。1人でやると思うととても道のりが長く感じて、まずやる気が出ないかもしれません。でも、家族全員60人の力があったら、片付けが嫌だなと思う気持ちなんて持つ意味が分からないくらい、とてもワクワクしました。

 昼食のハンバーグエビフライ弁当を食べて、パワーがついたところで私たちも片付けオリンピックに合流です。同盟会議のチームで各エリアの片付けをし、それをお父さんとお母さんが審査するオリンピック。
 きっとこんな風にグラウンドを片付けている人はいないんじゃないかと思うのですが、楽しく片付けができるように、ゲーム感覚でお楽しみとしてグラウンドを綺麗にできるようにと考えて下さったお母さんがとても優しく、嬉しいなと思いました。

 私はエリア1の作業棟周り、洗濯物干場などの担当だったのですが、お母さんからアドバイスを頂きながら道具や物を片付けたり、草刈りをした所の草を集めたり、洗濯物干場の増設や何か大きなパイプや板の収納。そして、最後はレンガやセメントなどを割る作業をしました。日中はとても気温が高く、本当に汗がダラダラと出てきたのですが、1人1本ジュースが配られたりとか、何杯も何杯も梅サワーで水分補給をして、疲れすぎることなく作業ができました。

 周りではみんなが木を燃やしたり、何かを運んだり、色々な声がかかっていて、本当にその空気が楽しくて、毎日片付けでもいいなと思いました。途中、あゆちゃんがアイスも配ってくれて、同盟会議のチームで集まり石の上に座ってアイスを食べた時間も嬉しかったです。

(何か、夏休みって感じだね)
 みんなとそう話しました。私は夏休みに何をしていたか、今は殆ど思い出せないくらいなのですが、どこかお出かけに行くとかではなく日常生活の中の楽しみや、片付けという動く作業の中での充実感、やりがいを感じての嬉しさほど、幸せなものはないと思いました。みんなと一緒に汗を流しながら冷たいアイスを食べている時、こんなにも素敵で理想的な夏休みがあるのかと思うくらい、満たされた気持ちになりました。

 後半戦もあっという間に時間が過ぎてしまったのですが、見る見るうちにグラウンドが綺麗になっていきました。(ここに何があったんだっけ?)と思うくらい、たくさんあった丸太も竹も、木も資材も全て綺麗に片付いて、草も綺麗に刈られて、とても綺麗でした。

 夜も久しぶりにバーベキューをして、ドラム缶を囲んでのバーベキューほど、美味しいご飯はないんじゃないかというくらい、バーベキューの時間が嬉しくて、4連休の締めを本当に家族総出で向かい、動き、充実感を感じられて、今日もよく眠れそうだなと思います。

 今月も飛ぶように過ぎて、もう25日です。今日で山小屋便りのアップも今月分が終わり、少しホッとしました。最近は夜も忙しい日が続いたのですが、昨日から新しく『うたかた』という吉本ばななさんの本も読み始め、どんな展開になるのかワクワクします。まだ勇志のレポートや山小屋便りの編集が終わっていないのは少しドキドキしているのですが、今月も色々なニュースがあるので山小屋便り8月号も楽しみだし、7月が31日まであって良かったなと思います。