7月23日(金)「田んぼの草刈り作業&新しいステージ、アセスメント演奏」

7月23日のなのはな

 光田んぼ上下の草を刈りました。
 上の田はみんなでモチ米の苗を植えた田んぼ、下はお父さんが機械で紫黒米を植えた田んぼです。
 そしてここの田は、他の田もそうですが、地域の方が長い間、丹念に手をかけ作られてきた田です。

 作業のはじめにあゆちゃんが教えてくれました。
 あぜの際は特にきれいに、あぜに沿って草を刈ってほしい。
 あぜは削らないように。
 そうしてきれいに草を刈ることができたら、稲刈りまで草刈りはせずにいくことができる。

 毎日田んぼの様子を見てくれているあゆちゃんや、みんなの思いを感じ、あゆちゃんになった気持ちで草刈りに臨もうと思いました。

 

P7230135

 

 まずはプランを立てます。朝の頭が清々しいときにあぜ際の草を丁寧に刈り、それから斜面を刈ります。
 身体ごと草刈機になって、はじめはとても集中し、きれいに進むことができましたが、あぜ際を終えて斜面に入ったとき、順番が逆のほうがよかった、と思いました。
 斜面で足を踏ん張る力。斜面を刈る体力が残っていない!?

 しかしそんなとき救世主が現われました。
 永禮さんです。
 満面の笑みで来てくださった永禮さんのおかげで、永禮さん、ゆりかちゃんと、草刈りを終えることができました。
 そして、永禮さんの娘さんのあやかさんも来てくださって、お2人が作業をしてくださっていたことも本当に有り難いと思いました。

 

P7230129

 

 夕食後によしえちゃん、なるちゃんと水路や溝に落ちた草を上げました。
 すると、かにちゃんが来て、中干ししていた田んぼに明日から水をいれるために、排水口を閉めてくれました。みんなの手で大切に守られている田んぼ、畑。これからもきれいに草を刈り、みんなと守っていきます。

(さやね)

 

***

 

 午後からのアセスメントでは、5曲の演目をお客様に見ていただきました。

『アライブ』では、この日に向けてみんなで練習してきたコーラスが新しく加わり、バンド、コーラス、ダンスで臨む初めての演奏となりました。
 私はステージの上で、キーボードを演奏していましたが、体育館の奥から響いてくる、みんなのコーラス、その音圧がステージの上まで届いてきました。
 あゆちゃんにも見てもらい、みんなで練習してきた過程があって、一人ひとりが精一杯で歌っていること、その気持ちが、自分にも伝わってきました。

 

IMG_3008

IMG_2958

 

『アライブ』は、全員でのコーラスが加わって、歌う機会を重ねるごとに、私たちみんなの曲であることを強く感じるようになり、より好きになっていきます。
 もっともっと、みんなと積み上げていって、心も表現も深めていける、気持ちも揃えていける、そう感じています。

 また、ラストの1曲『サム・ナイツ』では、ドラムメンバーが新しくなってから初めての披露でした。ステージに立つ一人ひとりが、前を向いて、勇気を持って生きていく、その凛とした志を表現する姿は、後ろから見ていても、格好よく、自分の気持ちも惹きつけられました。
 そして、前へと引っ張ってもらいました。
 私たちにとっても、とても新鮮な演奏でした。

 

IMG_3087

IMG_3062

 

 演奏を見てくださったお客さんにも、私たち一人ひとりの想い、志が届いていたら良いな、と思います。

 また、次の演奏の機会に向けて、より質を高めて、レベルアップしていけるよう、みんなと日々の生活を重ねて、成長していきたいです。

(みく)

 

***

 

 早朝作業、夕方の作業では、大豆の土寄せや、野菜の水やり、マクワウリなどの草取りや、ピーマンの誘引など、さまざまな作業を進めました。
 また、桃の収穫では今日から、岡山の白桃の代名詞でもある『清水白桃』の収穫が始まりました。

 連休の今、お仕事組さんもいてくれてみんなで畑作業へ向かうことのできる時間がとても心強く、楽しいです。

 

P7230017
〈夕方の作業では桃横畑、滝川横畑の大豆の土寄せをしました〉

P7230013

P7230010

 

***

 

P7230025
〈夜8時からは食堂で、東京オリンピックの開会式を見ました〉