「助け助けられる関係」 まち

7月15日

 自己完結と助け助けられの関係の違いを教えて頂いて嬉しかったです。助け助けられのほうが才能がいるし難しいこと。助け助けられの関係は、社会性だったり、相手の気持ちを汲む能力だったり、プランの計画性だったり、そういったものがないとできないこと。自己完結は自分にこもっていればできること、そして進歩がないこと。私も、なのはなにいる限り、いさせてもらっていつか卒業生として自立していく限り、助け助けられの関係を持てる能力を養う必要があると思いました。

 アウトプットすること、常に発信し続けること。自分の気持ちを言うのが怖くて、意思も持てなかった過去。もう、そんな自分はまっぴらです。人と関係を取っていくのに、社会性が必要だし、自分の気持ちを伝えるのも必要です。意思も持たないと人を助けられる働きができない。もう、何も考えない、流されるままの自分は卒業したいです。人のために生きていく、人と関係を取って、助け助けられの関係で生きていく、働いていくんです。私は、もっとちゃんと、意思を持って、プランを立てて常に行動する。本当の自分になりたいです。私はそれができるはずです、そう思います。人のために、私は成長します。

 働きたいし、一度教えてもらった仕事は覚えたいし、クリアな心と気持ちと体で働きたいです。必要のないことに気持ちを使っているような、頭の中が靄がかかっているような状態がすごく嫌だし、この状態から脱却してどこまでも自由になりたいと思いました。アウトプットをしていって、私も発進できる人間になりたいです。

 体にエネルギーがあるのに、心と体をうまく使えていないストレスがあるような感じがしています。どこまでも自由になりたいです。読んで頂いてありがとうございました。