7月14日(水)「ハウスの外周草取りツアー!&ピーマンの本格的な収穫間近」

7月14日のなのはな

 ピーマンも収穫の時期に近づいてきました。もうすでに、収穫できる実もあり、今日はいくつかの実を先駆けて収穫しました。1株に20個ほどついているピーマンが、続々と大きくなっています。

 午後の作業では、ピーマンの誘引を行ないました。誘引は、動きは少ないけれど、集中力を使います。それでも、その時間は時間を忘れてしまうほど楽しいです。今、ピーマンの草丈は平均して70センチ~80センチほどあり、支柱の横竹の高さを通り越して、誘引できる大きさになっています。

 

P7140034

 

 私は、かにちゃん、まちちゃん、えみちゃんの3人と一緒に誘引の続きをしていました。
 竹と枝を結ぶとき、なによりも株が育ちやすいかたちにもっていくのが大事だと思いました。少し斜めになっている株は、まっすぐにおこすように誘引したり、上部の枝が込み合っている株は、ピーマンが一番伸びやすい角度に誘引します。
 誘引することで、枝の間に隙間ができ、通気性もよくなり株がよりのびのびと成長できます。収穫間近のピーマンにとっては欠かせない手入れです。まだ第2弾・3弾とありますが、遅れのないように、適切な手入れを行なてきたいと思います。
 
(さき)

 

***

 ハウスの外周草取りツアーをまわりました。
 天気がぐずついて、雨で畑に出られず、チャンスを逃している間に、ハウス外周の草がにょきにょきと伸びてしまいました。
 一目みて、これはどうにかしなければ、とやる気がそそられるような気持ちになって、もう今日この時間で終わらせよう! と思いました。
 崖崩れ下ハウス3棟と、新ハウス、二重ハウス、吉畑手前ハウスの6棟を終わらせる目標でみんなで草取りにとりかかりました。

 

P7140031

 

 メンバーの5人で、ハウスの四方にちりました。ハウスの出口、入り口にしなこちゃんに入ってもらって、ハウス側面には、えつこちゃん、りんねちゃん、なつきちゃん、私が、片サイドにつき2人ずつ入り、両端から攻めるという方法で行ないました。
 草刈り鎌をひと振りするごとに、確実に目の前の草が地表のすぐ上でかられ、視界が変わっていくのが爽快でした。
 反対側からこちらに向かってくるりんねちゃんまでの距離は18メートルくらいありましたが、 行き会ったときの達成感は1回1回、嬉しかったです。
 お互いの姿が見えなくても、6棟終わらせるという目標に向かって、みんなでスピード感を持ち、懸命に草取りをしている空気をすいながら、私も一生懸命、無我夢中でひたすら草を刈っていきました。

 

P7140033

 

 崖崩れ下ハウス3棟が終わり、新ハウス、二重ハウス、吉畑手前ハウスの3棟が並ぶゾーンに行きました。
 ハウスの周りの草がなくなって、反対側から進んできていた、ゆりかちゃんと出会ったときは、達成感を感じました。確実に目に見えて、綺麗になっていく草取りは本当に楽しかったです。
 二重ハウスの中の草取りも少し進め、午後6時ちょうどに、ハウス6棟の草取りがすべて終わりました。

(やよい)

 

***

  
 今日は田畑の草刈りや、細々とした野菜の手入れも行ないました。
 雨の降る時間もありますが、梅雨が明け、太陽が少しずつ畑を乾かしてくれています。
 桃は近々、「紅清水」の収穫が始まる予定です。

 また、夜には勝央金時太鼓の練習があり、メンバーは7時から9時まで、竹内さんから和太鼓を教えていただきました。

 

P7140023
〈草刈りの休憩時間に、きれいなニイニイゼミに出会いました〉