「優しい気持ちをもっと知りたい」 なつみ

7月12日

 お父さんお母さんの、ボランティアの話に癒されました。

 もし、わたしたちの中で2人だけに障害を持った子供が生まれてくるとします。
 障害を持った子を、自分1人で責任を持って育てなければなりません。
 そうなったら、わたしは、お腹にいる子供が生まれてくることを、楽しみには思えなくて、むしろ、不安でいっぱいになると思います。
 障害があろうとなかろうと、わたしは関係なしに、新しく生まれる命に対して、不安を抱えずにいることはできないと思います。

 お父さんは言いました。
「障害を持った子供がいたとしたら、その子をみんなで育てましょう。それが、ボランティアの約束なんです」
 まさに、利他心そのものだと思いました。

 自分一人で子供を育てると思うから、苦しくて不安になります。
 でも、たった一人でも、わたしが相手のことを助けて、相手もまた、わたしが困っていたら助けてくれる。
 そのお互いさまの関係があるだけで、人の心は、とても救われるのだと感じました。

 だから、二人の子供をもつシングルマザーのお母さんが、なのはなのお母さんがいるボランティアの場にいるだけで、力を貰う、癒される、そう感じる気持ちが、とても良くわかりました。
 お父さんお母さんのお話を聞いているだけで、ただその優しい気持ちを知るだけで、優しい考えを教えてもらえるだけで、わたしがとても癒されたように、シングルマザーのお母さんも、同じなんじゃないか、そう思いました。

 わたしはずっと、優しくない、利己的な気持ちに苦しんできたから、こんなに優しさが、利他心が欲しいのだと思いました。
 優しい気持ちをもっと知りたいと、優しい気持ちをもっと使えるようになりたいと、優しい考え方ができるようになりたいと思いました。
 
 今日は、桃の収穫、第一選別をあんなちゃんに教えてもらって、本当に繊細で美しい桃が、最高の形で嫁入りできるように、神経を使って、的確な仕事をできるように、努めたいと思います。

 今日も1日ありがとうございました。
 おやすみなさい。