「まえちゃんと草刈りに」 ゆい

6月23日

 久しぶりの日記になってしまいました。
 
 今日は、1日、まえちゃんと岩見田の草刈りにいきました。刈って、刈って、また刈って、草刈り機には本当によく働いてもらいました。混合油の他に何かご褒美でもやりたいくらいです。
 明日も使うと思うので刃を研いでおきたいです。

 明後日、白大豆を植え付ける、おじいちゃんのお宅の前の畑に草刈りにいくと、美しくトラクターをかけてくださっていて、土が見るからにふかふかでした。これは定植もその後もうまくいくに違いないと思いました。
 まえちゃんと畑ごとに分担し、午前中に3枚を刈り、午後に梅林・イチョウ周辺とその前の三角畑、それから山小屋からの道を刈りました。

 午前中の3枚を刈り終えたとき、雨がぽつっと降ってきました。まえちゃんと山小屋まで上がっていき、まえちゃんが朝に握ってくれたおにぎりをいただきました。(まえちゃんがにぎってくれたのかぁ!)と思うと嬉しさ倍増、かつ、塩加減が最高で、本当に美味しかったです。
 それから雷と豪雨。凄まじい天気でしたが、1時間でやみそうだねと、山小屋の階段で2人で一休みしていたら2時過ぎに再びすかっと晴れました。

 山小屋のアジサイは、濃いブルーでとても綺麗でした。
 雨後は涼しくなって、2人で草刈りを再開し、5時半に2人で車に乗り込み帰ってきました。その頃にまた雨が降り始めましたが、やはりファーマーズの山を超えると空模様が違っていました。
 古吉野に近づくにつれ、空が明るく、太陽の光がとても綺麗でした。

 軽トラの窓から入ってくる風、夕方の太陽の光、仕事が完了した達成感。そして運転してくれているのは美しいまえちゃん。なんとも幸せな時間でした。