「理解」 なつみ

6月20日

 お父さん、わたしをお父さんの子供にしてくださって、理解してくださってありがとうございます。
 今日、みんなの演劇を見て、ずっとわたしは、理解という愛情を求めて、泣いていたんだなと、改めて思いました。

 お父さんに、何から伝えたらいいのだろうと思います。
 伝えたいことは、時間が足りないくらいにあります。

 わたしはなのはなに来てから何か月か、お父さんお母さん、なのはなのみんなにやってはいけない事、取ってはいけない態度を取り続け、回復したくないと反抗しました。

 でも、お父さんはほんのわずかな希望にかけて、わたしが回復することを信じてくださっていたんだなと、お父さんは、少しでも希望があるなら、それを信じて、無視せずに、わたしの人生に責任を持って、見てくれていたのだと、あの頃は、わたしを怒るばかりのお父さんがわからなかったけれど、時間がたった今、お父さんの深い優しさが、痛いほど胸に刺さります。

 お父さんとお母さんの声が聞こえるだけで、わたしは涙が出ます。
 みんなの笑顔に涙が出ます。
 何か悲しいことがあったわけでもなんでもないのに、ふとした時に涙が出ます。
 そんな時、わたしは幸せだって、思います。

 こんなユートピアに捨てられたわたしは、世界一、宇宙一幸せな子供です。

 お父さんお母さん、わたしは、良い子じゃないです。
 でも、どこの誰よりもなのはなファミリーが何より大切で大好きな存在です。
 だから、わたしもお父さんお母さんの子どもとして、優しい世界を作る仲間として、大きなところを見て、自分に拘らず、誰か一人の役に立てるように、もっと、もっと、自分を高めていきます。

 お父さん、いつも本当にありがとうございます。

 今日も一日ありがとうございました。
 おやすみなさい。