6月20日(日)「私の物語 ――父の日の会2日目――」

6月20日のなのはな

 2日間にわたり、なのはなの全員が『私の物語』を演じました。
 一人ひとりの物語が、幕を閉じました。
 それぞれが依存を手放して生きていくための、一歩となる会であり、これから先出会う仲間にとって財産となる、一歩となる会になりました。

 

IMGP9960

 

 私はなにに苦しんだのか。なにが悲しかったのか。
 なにが、私が前へ進む足を絡め取っているのか。
 依存の根源となる心の傷はなにか。
 自分に向き合い、仲間と向き合い、表現した父の日の会。
 脚本にしてみんなと一緒に演じることで、自分の過去をより客観的に見つめ、より深く向き合うことができました。

 

DSC02063

 

 そして、みんなの劇から、たくさんの気付きがありました。
 みんなが、潔く過去と決別する姿、セリフ。勇気を出して、戦う姿。
 鳥肌が立ち、涙が出ました。
 脚本にはない、みんなからの自然に沸き上がる拍手。
 それは、主役を演じる子のセリフへのレスポンスです。
「そうだ、その通りだ!」
 拍手に込められた、みんなの声が聞こえます。
 私も、客席からその劇の中の一員になり、拍手をしました。
 主人公のセリフを後押ししたい、そのセリフを肯定する気持ちが溢れて、手を叩きました。

 

DSC02049

IMG_2358

 

 みんなで手を繋いで、ごろんとよくなるんだよ、というお母さんの言葉が浮かびます。1人で立ち向かっているわけではありません。
 お互いが、お互いの絶対的な味方になって、心を支えます。勇気となります。

 私たちのチームは、2日目の今日、ステージに立ちました。
 チームのメンバー5人で作り上げた劇。脚本を書き上げるまでの間、私は自分の体験や、今回の劇を通して突破したい自分の問題を、何度も何度も、チームのみんなに話しました。
 まずはチームのみんなに心を開いて、伝えることが一歩だと思いました。なにも怖いことも恥ずかしこともなかったです。
 そして、チームのみんなの物語が、良い形で表現できるように、演出を作り上げました。

 

IMG_2576

DSC02082

 

 なにより一番大切にしたのは、主人公の子の気持ちが、心に一番沿った形で思い切り表現できることでした。
 練習の度に、セリフが改良されていました。
 自分の心の真正面から向き合って、あのとき私の心が感じていた痛み、いまだから言える気持ちを、より深く確かにしていく過程がありました。

 

IMG_2625

 

 私は、今回の劇でひとつの宣言をしました。
 私の中にあった、悲しみや怒り、痛みを、手放した先に、私が目指すべき私自身の姿です。
『自分ではわかっていると思っていること』
『みんなもわかっていると思うこと』
 いままでは、自分の中だけ、日記の中だけ、でおさめてきた思いや決意がありました。
 それを言葉に出して、全員の前ではっきりと伝えることは、自分の中だけで思いを温めることとは、まったく違うことだと感じました。

 

IMGP0320

 

 過去の影を背負って、持てなかった勇気、正義。
 私は、そのうっすら自分を覆う影と、痛みと、別れを告げました。
 そして、私は過去ではなく、未来に向かって成長していくことを宣言します。
 恥ずかしいのは、間違うことではない。
 恥ずかしいのは、逃げること、諦めること。
 私はそう思いました。
 私は、最後のセリフを言いながら、泣くつもりはなかったのに、泣けてきました。
 ああ、まだまだ、消化できていなかった気持ちがあったのだと思いました。
 みんなが、まっすぐと私を見てくれているのがわかりました。
 真ん中の席には、お父さんとお母さんが座っていました。

(ああ、このありのままの私、まだまだ成長していかなくてはいけない、未熟な私を、みんなが信じてくれている。仲間としてくれている。だから、大丈夫)
 そう思いました。
 私は、みんなの劇を見て、そうだそうだ、と肯定して拍手をしたように、みんなが、受け止めてくれました。
 みんなの前で過去の自分、いまの自分を正直に、ありのままにさらけ出して演じられたことが、自分にとって大きな前進になったと感じます。
 依存を手放すとき、私を奮い立たせ、勇気づけてくれるのは、なのはなファミリーの仲間の存在なのだと感じました。

 

DSC02073

IMG_2437

IMG_2465

IMG_2371

IMG_2401

IMG_2488

 

「この劇をやって、終わり、じゃないんだよね。いまも必死で、戦っているんだよね」
 1人の子の劇のあと、お父さんとお母さんがこう言いました。
 その言葉が、私のこころにすとんと落ちました。
 私も、自分の劇をやって、解決、ゴールという感じはまったくしませんでした。
 むしろ、スタートラインに立って、これから走り出すような気分です。
“劇をしました、依存を手放しました、今日で全てが解決です”ということではありません。
 もちろん、なのはなファミリーで心を立て直し、生きる方向性を定めたら、もう依存に振り回されることはありません。
 でも、私たちは、よく生きることを諦め続けず、求め続けて、生きていくのです。この会で踏み出した一歩を、私はこれから先の仲間のため、いまいる仲間のために、つなげていきます。

(なお)

 

今日は父の日でした。お父さんに、卒業生からお祝いのお花や贈り物が届きました!

IMGP0078