「野菜切りの楽しさ」 よしみ

6月16日

○雨の1日
 昨夜から激しい雨が降り、雷も鳴っていました。なのはなに来るまでは雷が鳴ると、1人で家に居るので怖くて怖くて家中の電気を消してしまうほどだったのですが、なのはなではみんなが側に居てくれて、雷が鳴ってもそこまで怖いという気持ちを感じません。些細なことでもみんなが居てくれることが本当に幸せで嬉しいです。
 
 今日も午前は雨が強く降っていて、1日室内でみんなと一緒に父の日の会の練習やタマネギカットの作業を時間を区切って進めました。雨の日でも室内で進められることがあってありがたいなと思います。個人的に、タマネギカットの時間がとても楽しくてずっとやっていたいなと思うほどでした。最近、月曜日の夕方のABパターンのときだけですが、野菜切りに入らせていただくようになりました。毎回ひろちゃんやなっちゃんが野菜の切り方やしょうやくの仕方など、基本的なことから応用的なことまでたくさん教えてくださり、野菜切りをするたびに本当にたくさんのことを学ばせていただいています。
 
 自分はなのはなで来るまでも家で料理をしていたけれど、自分や家族しか食べないからと思っていつも野菜の切り方とかしょうやくの仕方が大雑把でした。普段から誰かの口に入るものだという意識を持って、もっと丁寧に作業をしていきたいです。今日はタマネギカットをしていて、お父さんが少し見に来てくださって包丁の使い方や野菜の切り方のアドバイスをしてくださりました。お父さんが、
「タマネギを切るとき、包丁を少し前に押す感じで包丁を入れていくとスッスッと切れていき、切り方を変えるだけで食べたときの口あたりや食感、味も良くなるんだよ。」
 とお話してくださったとき、それを聞いて私は今までそういったことを何も意識せずにただ切って料理してきたなと思いました。そういった切り方一つで野菜の旨みを引き出せるんだと知り、料理って奧が深いなと感じました。お父さんが教えてくださった切り方でタマネギを切ると、本当にすごく切りやすくてとっても楽しかったです。これからの野菜切りでも教えていただいたことをきちんと意識して、みんなが美味しく食事をいただけるような野菜切りをしたいと思います。久し振りに包丁を握って野菜を切っていると、やっぱり料理って楽しいなと感じました。みんなと協力してタマネギカットを進められて嬉しかったです。

 今日も1日ありがとうございました。午後の最初の時間にはこれから始まる桃の収穫に向けて、選果ハウスの掃除や片付けなどをあんなちゃんやちさとちゃんたちと一緒にしました。昨年もこの時期に選果ハウスの片付けをさせてもらったなあと思い出して、月日の流れの速さを改めて感じました。もうすぐ早生の品種の収獲も始まるので、あんなちゃんの力に少しでもなれるように自分にできることを頑張りたいです。