6月11日(金)「夕の子のエゴマ畑 & マクワウリの日よけ支柱立て」

6月11日のなのはな

 自生しているエゴマを、そのまま育てちゃおう!

 エゴマは、5月中旬に種まきをしたかったのに、時期を逃してしまった……
 どうしよう、と思っていた時、チームのメンバーが、夕の子東畑にエゴマの芽が出ている! というニュースを届けてくれました。
 種まきをしていないはずなのに、どうして。
 夕の子東畑では、昨年、エゴマを育てていて、その種が自然に落ちて、ちゃんとこの時期に芽を出してくれていたのです。
 あんなに小さな種が、春までちゃんと待って、あたたかくなったころに芽吹いて、力強く立っていた、エゴマの生命力に改めて驚き、とても励まされるような気持ちになりました。

 

P6110044

 

 エゴマは夕の子東畑の全体的に広く分布していて、2か所、特にエゴマが密生している場所がありました。
 現在、エゴマの草丈は15センチから20センチほどです。
 これからは私たちが、エゴマの成長を手助けします。
 今日は、畑全面の草取りを行ないました。
 畑は10.6aと広かったですが、5人で三角ホーやカマを使って、丁寧に草を刈っていきました。
 エゴマだけを残すように、ほかの種類の草は全て取るという風に進めていきました。

 

P6110040

 

 3人が横1列になって、三角ホーで大きな草を掻いて、その後ろを2人が追いかけてカマで仕上げをしていきます。
 長い辺を30分で端から端まで行きつく目標で進めました。
 作業の計画をしたときは、少し途方もなくなってしまうだろうかと心配もしたけれど、雑草の根は浅く、土もさらさらしていて、思ったより抜きやすかったです。
 みんなで夢中になって、目の前の草を取っていって、はっと振り返ったら、もうそこは野原ではなく、エゴマ畑になっていました。
 自生のエゴマがすっと背筋を伸ばして、誇らしげに立っていて、それをみたら自然と力が沸いていきました。
 途中でお水休憩もはさみながら、2往復で全面の草を取ることが出来ました。
 畔際は、まよちゃんが草刈り機で刈ってくれました。

 

P6110039

 

 これから夕の子東は、立派にエゴマ畑です。
 葉の色が薄いので、追肥もしてあげたいなと思いました。
 エゴマ、これからよろしくね。

(れいこ)

 

***

 

 午前・午後と、マクワウリに紗をかけるための支柱立てを行ないました。私は午前も午後も支柱立てのチームの一員となり、支柱立ての準備の段階から完成するまでの作業にたずさわれてすごく嬉しかったです。
 
 午前は主に、支柱立てする場所の穴開けと、縦竹をかけやで打ち込んでいく作業を進めました。メンバーはどれみちゃんとひろこちゃんと私の3人で、どれみちゃんが穴掘り機を使って穴をどんどん開けていってくださったところを、私はひろこちゃんと一緒にどんどん打ち込んでいきます。どれみちゃんは穴開けのプロフェッショナルで、ものすごいスピードで力強く穴を開けていってくれました。穴開けはものすごく力を使う作業だと思うのですが、あっという間に穴を開けていくどれみちゃんが、本当にかっこいいなと思いました。今季も支柱立ての作業をさまざまな野菜で行なったこともあり、かけやで縦竹を打ち込むのも大分慣れてきて、ひろこちゃんと5本ずつ交代で打ち込んでいくのがとても楽しかったです。
 
 そして午後からはいよいよ、縦竹に横竹を結びつけていきました。支柱立てといえば、大体は大人数で行なう作業なのですが、今回のメンバーは5人。マクワウリの支柱は、ピーマンやナスと比べると打ち込んでいく竹の数自体は少ないのですが、下町川下畑は結構広い畑で、決して規模が小さいとはいえません。7午後からはやよいちゃんリーダーで、どんどん縦竹に横竹をだっこちゃん結びで結んでいきました。

 

P6111645

 

 私もだっこちゃん結びで横竹を取り付けていったのですが、今日は最初、なぜかギューッとキツく何回結んでもしっかり竹を固定することができず、苦戦しながら1か所で立ち止まってしまいました。するとやよいちゃんが、
「スズランテープが短いからじゃない? 2本を結び合わせて長くして使ったら縛りやすいかもしれないよ」
 と教えてくれて、やよいちゃんの言った通りにスズランテープを長くして改めてだっこちゃん結びしてみると、今度はガチッと竹が動かないくらい固定することができました。単純なことかもしれないけれど、私は今までそのことに気づかずに作業していて、今日やよいちゃんがアドバイスしてくださったことで新たにまた一つ学ぶことができ、すごくありがたくて嬉しかったなと思います。

 

P6111651

 

 途中、天気が少しどんよりと曇ってきて、長時間作業しているみんなも集中力が切れかけてきたとき、やよいちゃんがかけ声を変えようと話してくれたり、作業中ずっとタイムコールもかかさずにしてくれて、最後まで集中してすることができました。やよいちゃんの、
「16時55分までに終わらせる、と三唱して頑張りましょう!」
 との声でみんなで三唱してからラストスパートに入り、最後まで支柱立てが終わったのは16時54分で、目標よりも早く終えられたことが本当に嬉しくて、ものすごく達成感を感じました。これでマクワウリに紗をかけることができ、暑さから守れると思うと良かったなと思います。マクワウリは黄色くて、可愛いお花が咲き出していて、マクワウリの成長も見られてとても嬉しかったです。

(よしみ)

 

***

 

P1010016
〈サツマイモの植え付けも行ないました!〉

 

P6110052
〈うなぎ取り畑では、バターナッツが実をつけはじめています〉