「ナスの救出」 えみ

6月9日

*ナスの救出
 午後の時間に、やよいちゃんや何人かのみんなとナスの救出の作業をしました。いいとこ下に植え付けをしたナスの、北側5畝分くらいがずっと調子が出ず、下葉が黄色くなってしまったり日中にくたっとしてしまったりしていたのですが、その原因が畝立てをしたときに入れすぎた牡蠣殻にあったことが分かり、急遽、植え直すことになりました。
 
 やよいちゃんが中心になってくれて、永禮さんも来てくださって、最初は6人で植え替えをしていきました。
 株を掘り返していく人、畝の中の牡蠣殻を掘りだしていく人、そこに落ち葉堆肥を入れていく人、定植をしていく人などそれぞれ役割に分かれて、最初はナスの株が傷まないように、2スパンずつ植え直しをしていきました。永禮さんも、落ち葉堆肥の補充に何度も行ってくださったりして、暑い中一緒に作業していただいて本当にありがたかったです。
 
 やよいちゃんがその都度、的確にみんなに指示をしてくれて、1スパンずつ、確実にスムーズに終わらせることができました。でも、5時には終わらず、今日いけるところまで終わらせることを優先して、そのまま何人かのみんなと植え替えを続行しました。
 6時前にまえちゃんが来てくれて、最初は半分いったところまでで今日は終わりにしようということだったのですが、やっぱり夕食を遅らせても5畝全部やってしまおう! ということになって、ヘルプの人たちも何人も来てくれてみんなで進めました。みんなを巻き込んでしまって申し訳ないなと思ってしまった部分もあったのですが、今日で定植と水やりまで全部終わらせるという一つの目標に向かって、みんなが一体となって作業できた時間が嬉しかったです。やるなら一気にやろうということで、終わっていなかった全スパンの株を掘り返して、落ち葉堆肥を入れて畝を作り直すところまで、流れ作業で進めていきました。
 
 疲れたけれど、達成感があり、全部力を使い切った感じがして、終わった後にはすごく気持ちが良かったし、何よりナスを救えたことが嬉しかったです。
 昨日に植え替えをしたナスの株はすでに元気を取り戻し始めていました。今朝はまだ少しくたっとしているなという感じだったのも、夕方には葉がぴんとしていて安心しました。
 今日みんなと植え変えた株たちも、明日には元気になってくれたらいいなと思います。

 今日は午前中に山小屋の玉ねぎの収穫に行ってくれたみんながいて、午後の初めにはそれを陰干しするためにダンプやエルフからおろす作業をしました。エルフにコンテナに入って積まれていたものは、大人数でやるとあっさりと降ろすことができて、ダンプにもコンテナが積まれているんだろうなと勝手に想像していたのですが、何と玉ねぎがそのままダンプの荷台に山盛りになっていて、初めすごくびっくりしました。2万個の玉ねぎを、午前中の時間で収穫してもって帰ってきてしまうみんなの力がさすがだなと思いました。
 ダンプの荷台にのった玉ねぎは、みんなで手分けをしてコンテナに詰めて、干すところまで流れ作業で進めていきました。ものすごい量で体育館や軒下には干しきらなかったけれど、最後お仕事組さんが帰ってくる階段に通路をあけて干したらいいよとお母さんが言ってくださって、ちょうどそこに干し切ることができて嬉しかったです。
 また貯蔵作業もあるのかなと思って、いい形で保存できたらいいなと思いました。

 最後まで読んでくださりありがとうございました。