「今の自分を見つめて」 ほし

6月4日 

 

 今朝、朝食時に、朝食当番さんのいつもと違う挨拶が聞こえました。
 あら?と思いながら、食堂に入ると、鮮やかなオレンジ色をした人参が、お花と一緒にグラスの中に入っていました。なんとも可愛らしい人参ステックを朝食当番さんの飛び切りの笑顔と共に受け取りました。
 席に着くと、前日に、れいこちゃんとあゆちゃんが作ってくれていたみそマヨがあって、それで人参ステックを頂きました。一口かじると、ぱきっといい音がして、歯ごたえが良く、とても甘くて、生でも美味しいくらいで、とても新鮮でした。こんなに美味しい人参を食べたのは、人生で初めてで、感動しました。

 味噌マヨをつけてたべると、なおさら美味しかったです。
 人参一本を丸々頂くのは、初めてで、とても贅沢で、嬉しくて、Cチームさんの気持ちが、ありがたくて、嬉しかったです。

 

 午前中には、身体測定があって、握力が過去最高の右40、左39でした。もっと気持ちを強く持ちたいな、と思いました。
 その後は、月曜日の演奏に向けて、『ディス・イズ・ミー』のダンス練習をしました。
 私は、コーラス体で、さやちゃんや、新しくメンバーに入ってくれるみつきちゃんも、一緒に、振りの練習をしました。
 みつきちゃんが、すぐに振りを覚えているのが、凄いなと思って、私も、頑張ろうという気持ちになれました。

 午後の最初には、お父さんに、全体のダンスを見て頂く時間がありました。
 ダンスが、上手かろうが下手だろうが、自分の気持ちを発散させることが大事だということを話して下さいました。
 私は、今まで、技量や能力が、高ければ高いだけ、良いものだと思っていましたが、一番大事なのは、気持ちだということを、再確認できました。嬉しかったです。

 

 昨日のことになりますが、夜の集合のお話が心に残りました。
 お父さんがお話してくださったのは、「仕事ができる人になろう」という努力ではなく、「集合に1番に来る」、「いつも笑顔でいる」という努力が大事、だということでした。

 私は、その言葉に救われました。

 下手くそでも、1番大事な事は、気持ちなのだと思いました。自分を恥じたり、落としたりしなくてもいいのだと思いました。

 今、絹さやを見ていています。しかし、私は、まだ、野菜や畑に対して、興味や関心を持つことが出来ていません。一応、雨が降る前に、株周りの中耕と、化成肥料の追肥をしました。また、メガツインの葉面散布も行いました。自分では、やれることはやったつもりになっていました。
 しかし、どう世話をすればいいのか、どう人と連携を取ればいいのか、どう責任を取ればいいのか、何から何まで、分かっていません。
 でも、これが今の自分なのだから、受け入れます。
 分からないこと、知らないことは恥ずかしいことではなくて、それを聞かずにいることが、一番、いけないことです。

 

 思えば、私は、今まで、自分1人で、何でもやっていました。
 大変な事も、困ったことも、人に相談せず、自己完結で、自分の中で悶々とさせることしかできません。いざ、人に相談できる時が来ても、焦って、上手に言葉にできません。物理的には、みんなと作業していても、結局は、1人だった、と思います。
 1人でやっているから、どれだけやっても、人との関りを感じられなくて、無意味なことになっていました。ジャガイモ堀のときも、そうだったと思います。
 何でもかんでも、1人でやらなければいけない、助けてもらってはいけない、そんな概念や価値観が自分の中にあります。
 いつも、誰かから見張られているような、いつも実力や能力を測られているような気がして、落ち着けずにいたり、常に、誰かから、疎まれているのではないか、と思い込んでしまいます。
 食事のコメントを言うのも、日記を書くのも、作業をするのも、正解を知らず知らずのうちに求めてしまっていたり、常に人から評価されているように感じたり、興味も関心も、その概念にとらわれて、無くなって、何もかも苦しくなってしまいます。

 私は、その傾向が、人より強いと感じてしまいます。

 

 正解を求めてしまうのも、囚われている証拠なのだと思いました。
 その概念があると、心を安定させて、感じたり、思うことが、上手にできません。
 畑も好きになりたいのに、みんなと一緒に色んな事をしたいと思っているのに、思うようになれなくて、みんなとあわせられなくて、ずっと辛いと感じていました。
 夜の集合で、今までの価値観を抜くことは難しいというお話も聞かせてもらいました。
 私も、自分の中にあって、なかなか気付けなかったりもします。けれど、今度のイベントのチームのみんなと話し合いを重ねていくうちに、少しずつ見えてくるものがありました。
 みんなの脚本を考えているときも、相手の立場を客観的に見て、考えて、自分が意見を言ったとき、それだった、と共感してくれるみんなが居ることが、心強いです。
 集合のお話にもあったように、私は、自分を追い込まずに、人も追い込まずに、優しくカバーできる人になりたいです。

 

 話は変わって、最近のことになりますが、ギターの練習がとても楽しいと感じます。
 ギター教室では、『レインボー・チェイサー』の練習をし始めて、この曲は、前々から、好きな曲だったので、こうして練習できることが本当に嬉しいです。
 ギターももちろん、トロンボーンもまたやりたいなと思ったり、また歌のコーナーなんかでも、演奏できる機会があったら、いいなと思います。

 

 上記には、色々と書きましたが、最近、心も体も軽ろやかになってきたと感じます。
 作業で、バケツリレーをしているとき、体幹ができてきたのもあると思いますが、走っても、以前ほど、息切れせずに、身体を動かすのが、楽しいと感じられるようになってきました。
 ダンス練習をしていても、作業をしていても、あらら、と思うくらい、時間があっというまで、楽しんでいます。
 今まで、何に対しても、優劣を決めつけすぎていたのも感じなくなってきたように思います。一番大事なのは、気持ちで、引っ込むとは別にみんなの中に埋もれていればいいのだと思いました。

 そう思えるのも、今度のイベント、父の日の会効果なのでは、と思いました。私が、諦めずにここまでこられたのは、お父さん、お母さん、みんなのお陰です。
 私の力ではありません。

 明日は、早朝レタスがあるので、頑張ってきます。
 読んでくださってありがとうございました。おやすみなさい。