5月30日(日)「機械植えVS手植え! 田植え3日目、すべての田んぼに稲が植わりました」

5月30日のなのはな

IMGP9754

 

 グラウンドで育っていた苗達も総動員で、今日は家族みんなで手植え! 真夏のように青空が広がって、日差しが明るく差し込んでくる暖かい日和です。今日手植えする田んぼは、光田んぼ上と、池下田んぼ。光田んぼ上をみんなで手植えをしている間に、お父さんが光田んぼ下の機械植えをしてくれます。
 機械植えと手植え、どちらが速いのか、対決です! 大人数の力で、絶対に勝ちたい! 気合を入れて、田んぼへ向かいました。

 

IMGP9569

 
 
 光田んぼ上に、たくさんの家族が集まりました。お母さんの姿や、永禮さんの姿もあります。光田んぼ下を見てみると、お父さんと、田植え機のさなえちゃんが見えます。あれ? お父さんが田植え機を動かしている! と思ったら、暖機運転で、まだ植えてはいないよ! と言ってくれました。少しほっと胸を撫で下ろしながら、お父さんもとても気合が入っているのかなあと思って、とても嬉しい気持ちになりました。
 
 お父さんの意気込み、そしてみんなの意気込みが入って、スタートの準備に取り掛かりました。田んぼの水は、太陽で温められて、ほんのり温かく、泥の底のほうは、ひんやりとしていてとても気持ちが良かったです。裸足で田んぼのなかに入って、また先週の泥んこ相撲が思い出されるなあと思いました。今日、いよいよ田んぼに稲が植わるんだなあと思って、記念すべき日を、みんなで一緒に手植えをして迎えられることがありがたくて嬉しいなあと思いました。

 

IMGP9581

 
 
 澄んだ田んぼの水の中を、目をこらしてみてみると、3ミリぐらいの、本当に小さなオタマジャクシがたくさん泳いでいました。そして、豊年エビも見つけました。透明な体で、ピコピコ動いている豊年エビは、ほんの一瞬だけしか見えませんでした。でも、それだけでも宝物を見つけたみたいな、とても嬉しい気持ちになりました。今年も、お米が豊作になったらいいなあと思いました。
 
 お母さんの合図とともに、手植えVS機械植え対決スタートです !あゆちゃんと永禮さんが、両端で水糸を張ってくださっていて、水糸に付いているビーズのすぐ下に稲の苗を植えました。片手に苗を持って、もう片方の手で、3本指で3つの苗をちぎって、泥の中に差し込みます。

 

IMG_1221

IMG_1235

 

 目の前のビーズに向かって、夢中になって苗を植えます。お母さんの「さん、にー、いち、終了です!」という合図の声が聞こえてきます。お母さんが、10秒ごとにタイムを計ってくれていて、10秒の間に、みんなで一条を完成させます。隣で植えているえつこちゃんと、あんなちゃんと、時間内に抜けがなく植えられるように、協力しました。
 
 泥はとても柔らかくて滑らかで、稲を差し込む感触がとても気持ちが良いなあと思いました。でも、差し込んだままでは稲が倒れてしまったり、浮いてしまうことがあるので、空いてしまった穴をふさいで、苗と泥を密着させます。最初は少し難しくて、時間がかかってしまうこともあったけれど、どんどん慣れてきて、速くなってきました。自分の手が田植え機になったみたいだなあと思って、とても楽しくなっていきました。みんなのスピードも上がってきて、お母さんが、タイマーを10秒から8秒に変えてくれました。

 

IMG_1166

IMG_1158

 
 
「お父さんに、少し負けているかもしれないよ! みんな、頑張ろう!」
 お母さんの声が聞こえました。遠くで、お父さんが機械植えを焦ることなくスムーズに進めている姿がちらっと見えます。ふと後ろを振り返って、私達が田植えをした場所を見てみると、もう少しで田んぼの半分の面積が出来そう、というところでした。本当に時間があっという間で、私達もとても速いスピードで進んでいる! という自信はあったのですが、やはり、お父さんの機械植えも、本当に速いんだなあと思って、改めてびっくりしました。絶対に負けたくない! お母さんの言葉に、気持ちが奮い立たされて、パワーが出てきました。

 

IMGP9695

IMG_1148

 
 苗の補充係さんが、随時、苗を田んぼに放り投げてくれました。目の前の進行方向を見ると、島が浮かんでいるように稲の苗が見えます。その光景がとても可愛いなあと思いました。どの苗も、ちゃんと着地をしていて、葉が泥に沈んでいるということがなくて、不思議だなあと思いました。

「苗が足りないです!」手持ちの苗が無くなると、大きく声を張り上げて言います。すると、隣の人、周りの人が絶対に助けてくれます。苗係さんが苗をこちらに投げてくれます。とてもみんなの存在が心強く感じました。自分一人ではなく、みんながいるから、こうして手植えが出来て、自給自足でお米を育てることが出来るんだなあと思いました。

 

IMG_1332

 

 あと、向こう側まで10メートルぐらい! というところで、お父さんの機械植えは、外周に入っていました。どちらが勝つか、ハラハラドキドキしました。そんなときに、ハプニングがありました。それは、苗問題です。苗が足りるかどうか、ギリギリになってきました。隣の人と分け合って、それでもなくなってきたら、余っている苗を、苗係さんが運んでくださいました。少しスピードは落ちたものの、着々とゴールまで近づいていました。

「どうだ!」
 お父さんの声が、聞こえました。手植えしていた手を止めて、すぐ直前に近づいた、光田んぼ下を覗いてみると、お父さんが田植えを終えて、さなえちゃんと一緒にゴールしているではありませんか!「ええー!」みんなの叫び声が聞こえました。あと5メートルのところで、お父さんの機械植えに先を越されてしまいました。

 

IMG_1255

 
 
 とても悔しい気持ちもありました。もうちょっとでもしかしたらお父さんに勝てたかもしれない…! という思いもありました。でも、お父さんが、結果発表の時に、
「手植えチームは、苗が足りなくなるかもしれない、というハプニングがあったため、少し遅れてしまいました。だから、機械植えと手植え対決は……引き分けです!」
 と言ってくれました。お父さんの優しさに心が温かくなったし、本当に手植えが楽しかったなあと思いました。

 池下田んぼの丘の上にみんなで一列に座って、お弁当を食べました。お弁当を食べている間も、目の前に広がる池に向かって、思い思いに叫びました。「次はお父さんに勝つぞー!」「豊作になりますように!」みんなの声を聞いて、元気が湧きました。

 

IMG_5352

IMGP9900
〈池の景色を見ながらお昼休憩をとりました〉

 

 2枚目の田んぼ、池下田んぼは、新しい方法で手植えをしました。永禮さんが、直角三角形の定規を作ってくださって、定規と2本の水糸を使った、昔ながらの植え方を教えてくださいました。
 東西に親糸、南北に子糸を張って、親糸のビーズで5つ間隔になるように、子糸を張って、みんなで手植えをしていきます。4列おきに植えながら田んぼの端まで行きついたら、今植えた列の間を埋めるように、親糸のビーズを頼りに後ろ歩きをしながら、手植えをしていきます。

 

IMGP9922
〈永禮さんが作ってくださった定規を使って、2本の糸を直角に張り…〉

 

IMG_5369
〈まず全員で、5列おきに苗を植えていきました〉

 

IMG_1399

 

IMG_5378
〈基準となる列を植えたあと、先程植えた列の間を埋めるように、植えていきました〉

IMG_1451

 

 水糸が張られていなくて、親糸のビーズだけを頼りに、後ろに進んでいくのがとても難しかったです。真っ直ぐの直線に苗を植えたいけれど、どうしてもくねくねと列が曲がってしまいました。また、自分が歩いた足跡が泥に残って、窪みが出来ていて、足跡を消しながら植えていくのも、難しいなあと思いました。
 でも、気持ちを集中させて、真っ直ぐ、綺麗に植えたい、という意識を持って手植えしていくことがとても楽しいなあと思いました。足跡を消して進んでいくのも、忍者のようで面白かったです。

 

IMG_1490

IMG_1433

 

 反対側から来てくれた人とお尻がぶつかるまで、本当に夢中になって手植えをしていました。みんなの中にも、真剣な空気が漂っていて、普段とは違う手植えも、また楽しいなあと思いました。
 丘の上に登って、手植えが完了された池下田んぼを眺めました。少しでこぼこしながら、でもちゃんと列がずらっと並んでいます。達成感があって、とても満たされた気持ちになりました。
 お父さん、お母さん、永禮さん、家族みんなで手植えが出来て、今日一日とても幸せな時間でした。これからの稲の成長も楽しみです。

(りな)

 

IMGP0060