「本当に楽しかった」 みつき

5月23日

 今日は、最高気温が30度まで上がって、すばらしく快晴で、どろんこ日和だったなと思います。

 わたしは、今年が初めてのどろんこ運動会でした。
 田んぼでどろどろになるのが、どんなものか想像がつかない未知の世界で、競技のひとつひとつが楽しみで、ワクワクする気持ちでいっぱいでした。
 昨日の晩は、あまりに楽しみすぎて、寝付けませんでした。

 初めに、ほかのチームの相撲の試合を見ていたら、思っていた以上に豪快で、「エッ、今から自分もこれをやるのか!?」と衝撃を受けてしまいました。そして、いざ田んぼの中に入ってみると、底が深くて、ヌルッとした泥がまとわりついて、うまく歩き進めなかったです。
 すっかり臆病になってしまったところで、わたしの試合の番になりました。
「絶対に倒させない!」という気持ちで、思い切り足腰に力を入れて踏ん張っていると、相手のえつこちゃんとも、なかなか良い勝負になりました。
 そして、最後はわたしが勝つことが出来て、本当に嬉しかったです。
 まさか勝てるとは思っていなかったけれど、太鼓をやっていると相撲が強くなると聞いていたので、そのおかげかなとも感じました。
 わたしのピンクチームには、ひでゆきさんもいらっしゃって、活躍してくださって、どの競技でもわりと良い成績をおさめることができました。
 メンバーのみんなの応援も暖かかったけれど、チーム関係なく、みんなが思いきり走り回って、どろんこになっている様子が、とてもスカッとして、気がついたらわたしも大声を出していました。

 最後には、自由時間ということで、みんなで泥をかけ合ったり、ダイブしたりしました。もはや誰が誰かわからないくらい、頭の先からつま先まで真っ黒のみんなに、笑ってしまいました。
 わたしがボーッとみんなを見ていると、れいこちゃんのそっくりさん(れいこちゃんです)がこちらに笑顔でやって来て、「綺麗な顔のままじゃ終わらせない!」と言って、次の瞬間、飛びかかってきました。その綺麗なタックルで、わたしは顔から田んぼに突っ込みました。
 わたしのなかでわずかに残っていた、「どろんこになる恐怖」をれいこちゃんが断ち切ってくれて、みんなの方へ導いてくれたことが、本当に嬉しかったです。
 だから、完全に真っ黒になったわたしは、みんなのように、笑顔が止まりませんでした。

 終わってから、周りのみんなに、「みつきちゃん、強かったね!」「みつきちゃん見てびっくりしちゃった!」と声をかけてもらえました。
 でも、1番びっくりしているのは、わたしです。
 ここまで自分が全力で動けると思いませんでした。こんなにも自分は負けん気が強いと思いませんでした。
 滑り込むようにタイヤに食らいついたり、転ぶ覚悟でリレーのバトンを繋いだり……。
 自分の眠っていた本能が目覚めたような感覚が、気持ちが良かったです。

 だからか、今日は本当に楽しかったです。本当に本当に本当に、楽しかったです。
 洗っても洗っても身体がざらついていて、服は茶色に染まりました。
 それなのに、みんなと過ごしていたら、とても綺麗なものを感じました。
 泥だらけのみんなが、とても綺麗でした。