「みんなで、はちゃめちゃになって」 ほし

5月23日

〇どろんこ運動会
 今日の午後は、家族みんなで、とても楽しい時間を過ごしました。
 みんなも、自分も、我を忘れて、全力で競技に向かい、頭からつま先まで泥まみれになると、まるで洗い流されたように、心も体も解放されたみたいで、すっきりとしました。
 田んぼの豊作を祈って、年に一回、みんなではしゃいで楽しめる日を、心待ちにしていました。
 今回は、盛男おじいちゃん、永禮さん、ひでゆきさん、あゆみちゃん、たけちゃん、まちこちゃんご一家も来てくださり、賑やかな空間が嬉しかったです。
 競技も盛りだくさんで、あっという間に時間が過ぎて、楽しい時間でした。

 昼食を終えて、中庭に行くと、チーム発表から、行なわれました。
 私は、まえちゃんチームで、黄色のチームカラーでした。
 今回は、プラスチックのカラフルな短冊を頭につけたり、絵の具をフェイスペイントのように塗ったり、それだけで、気持ちが高まって、嬉しくなりました。

 会場の池下田んぼに着いて、あけみちゃんとしほちゃんとりゅうさんとひでゆきさんの選手宣誓により、どろんこ大会が、開幕しました。
 今回は、一人、一回、勝つごとに、チームに一つ白星が入り、その白星の数で、順位が決まる、というルールでした。

 一種目目は、恒例のどろんこ相撲でした。
 大戦前に、しこを踏むのも臨場感があって、場が盛り上がりました。
 くじにより、黄色チーム対赤チームとなり、私は、のりよちゃんと対戦しました。
 押しても、力を込めても、なかなかのりよちゃんが、びくともしないで、かなり手強かったです。
 長期戦にはなりましたが、最終的には負けてしまって、とても悔しかったです。でも、泥の中に投げ入れられた時も、なぜか、とても気持ちがすっきりとしました。
 泥の中に倒されるのも、爽快だったなと思います。
 お父さんのアドバイスで、来年からは、引いたり、足を引っかけたり、強気で挑んでいきたい、と思いました。
 来年まで、しっかりその教訓を覚えて、リベンジしたいです。
 みんなの試合も、はらはらする場面もあって見ごたえがあり、応援していても、楽しかったです。

 2種目目は、チャンバラでした。
 私たちのチームは、1種目目で、あまり白星を取れなかったので、この競技以降から、特に闘志を燃やしていました。
 この種目で、特に印象的だったのが、相手にさきちゃんが向かっていく姿でした。
 両手で、剣を振り続けて、相手に向かっていく姿が、勇ましいなと思いました。
 私は、よしえちゃんと対戦させてもらって、気が付くと終わっていて、白星を獲得できていたという感じでした。
 試合の時も、はらはらとして、ただ、勝ちに行く、という気持ちだけで、挑めたことが楽しかったです。
 3種目目の騎馬戦も、4種目目のリレーも、盛り上がって、白熱した空気がありました。

 そして、新種目のタイヤ取りでは、本来備わっている、闘争本能がかきたてられたように思いました。
 よーい、スタートで、タイヤの位置まで走り込んで、タイヤを持ち、相手に取られないように、いかに粘り強く、タイヤを持てるか、その戦いが楽しかったです。
 誰とタイヤを引っ張り合っているのか、分からないくらい、必死になれました。
 相手チームの誰かに、思い切り上にのしかかられたりもしましたが、タイヤの手だけは、絶対に離しませんでした。
 最後も、ゲストの方々が、ボールやフリスビーを投げてくださり、それを取ることが出来るか、必死になって、ボールを取ろうとしました。
 最後には、結果発表で最下位になってしまった青チームのみんなを、円で囲って、恒例の罰ゲーム、泥の掛け合いをしました。
 目の前が茶色一色になるくらい、泥で何も見えなくなって、それくらい、みんなで、はちゃめちゃになって、泥塗れになれた時間が、幸せだ、と感じました。

 その後の自由時間では、目があった人と相撲を取ったり、みんなで手を繋いで、泥の中にダイブしたり、泥にまみれて、誰が誰だか分からないくらい、もうこれ以上ないくらい泥まみ れになって、みんなで、本気で泥で遊んで、その時間が、楽しくて、嬉しかったです。

 みんなで過ごせたどろんこ大会が、嬉しかったです。