「雨のやみまに」 えみ

5月18日

 今日は、久しぶりの雨のやみまでした。ここ数日ずっと雨が降ったりやんだりしていたので、朝、窓から差し込んでくる光がまぶしいくらいだったなと思います。
 外での畑作業も進められて、空心菜の植え付けも2000株以上あったのを全部できたと聞けて、私は作業には入らなかったのですが嬉しかったです。

*ナスの防除、種まき
 午前の時間には、あやかちゃんと一緒に、ナスの防除と芽出しをしていたオクラの種まきをしました。
 ナスには少しテントウムシダマシが来ていたのですが、まだ実のついていないうちに薬剤防除をして、早めの対策を打つことができて嬉しかったです。あやかちゃんと噴霧器で散布している間に、やよいちゃん中心に空心菜の作業だった人たちが最初に害虫チェックもしてくれてとても心強かったです。

 オクラの種まきも、芽出しをしたものは100パーセント発芽していて、今日全部ポットにまききることができました。前回の種は、トレーが小さくてかなり窮屈になってしまっていたのですが、今回はポットでのびのびと大きくなって畑に上手く植え付けられるといいなと思いました。

*桃の摘果
 午後には、昨日に引き続きあんなちゃんや何人かのみんなと桃の摘果をさせてもらいました。今日は本摘果の残りの木をやって、開墾26アールの清水白桃と池上桃畑の、おかやま夢白桃、最後は開墾に戻ってきて昨日までにやった木で摘果が甘かった部分の見直しをしました。摘果を進めている期間中にも、桃の実がどんどん大きくなってきていて、もう3センチくらいの大きさです。実の表面には細かい毛が生えていて、ふわふわしているのが可愛いなと思います。摘蕾をしていた頃は、とても木から葉が出てきて実がつくのが想像しにくかったのに、実になるのが本当にあっという間で、不思議な感じがします。
 摘果自体はまだもう少し見直しの続きがあるようなので、いい実を残せるように、あんなちゃんの手になったつもりで頑張りたいなと思いました。 
 読んでくださりありがとうございました。