5月16日(日)「表現者として ――5曲の演奏とダンス」

5月16日のなのはな

 どんな時も私達は表現者であるんだと、お父さんが教えてくれます。表現の一つとして、農業があり、スポーツがあり、ダンスがあります。 今日は、体育館でダンスと演奏をしました。
 体育館のステージで、バンドメンバーさん、ダンサーのみんな、全員で演奏を作り上げるのは久しぶりで、ドキドキしていたけれどとても楽しみにしていました。今日の午前には、バンドメンバーさんが楽器の準備をしていて、なのはなバンドのダイナミックな音、あゆちゃんの歌声を聞くことが出来るのが、とても嬉しいなあと思いました。

 少し前から、演奏に向けてのダンス練習が始まりました。大人数でのダンスは、揃えることが難しく、振りをみんなで覚えることから始まりました。お父さんやお母さん、あゆちゃんに見ていただきながら、一緒にダンスを踊るみんなと、気持ちを一つに揃えていきました。見せる意識を作っていきました。

 

IMG_9463

 
 
 ダンスを練習しながら、たくさん大切なことを知りました。振りをどれだけカウントに合わせて揃えても、伝える気持ちがないと、見てくれるお客様には届かないこと。自分のためのダンス、表現ではなくて、誰かに向けてのダンスであること、誰かのための、心と身体であること。日々の生活にも繋がることだけれど、改めてダンスをみんなで練習して、感じました。どれだけ一生懸命になっても、それが自分の中だけにこもっていてはいけないです。なのはなファミリーの仲間と共に、私もその中で一つの部品となって同じところを向かっていくんだ、そう思いました。
 
 今日の演奏は、メイクをして、衣装を着るということも含めて、全てでした。日常ではない、どんな時も見せる意識、伝える姿になりたいと思いました。衣装の早着替え、気持ちを引き締めて、今ステージに立っている人と同じ気持ちでいようと思いました。

 

IMG_9466

 
 
 一番初めの曲は、『シャンデリア』でした。れいこちゃんを真ん中に、みんなで半円を作って囲みます。ダンスを踊っているとき、コーラス隊のみんなの力強いコーラスが聞こえてきて、パワーをたくさんもらいました。
 『シャンデリア』で伝えたいこと、見せたい情景を、私達が見ないと、伝えることはできないんだと、お父さんに教えていただきました。手を上げる先、それは、私達が目指す景色を見ないといけないんだと思いました。手の先から足先まで、ダンスを一緒に踊っているみんなと揃えました。そのぐらいの厳しさと覚悟を心に留めました。

 

IMG_9536

DSC00968

 

 ラストの曲では、バンドの音、ドラムの音、コーラスの音に囲まれて、体育館全体が一体となって、その中でダンサーとして踊ることが出来て、とても嬉しかったし、たくさんパワーをもらいました。
 絵層が終わった時に、演奏を見ていたお父さんとお母さんが、拍手をして、温かい言葉をくれました。とても嬉しくて、満たされた気持ちになりました。演奏をして、見せる意識、伝えたい思いや景色をもう一度思い出して、みんなで全身で表現できたことがとても気持ち良くて、充実した時間でした。日々の生活でも、気持ちをいつも外向きに、表現することを忘れずにいたいなと思いました。

(りな)

 

***

 

P5160376
 午後からは、桃の本摘果や、田んぼの排水口の整備などを行ないました。摘果の作業では池上桃畑で、紅清水や清水白桃の摘果を一通り、終えることができました。