「ナスとピーマンの定植」 りな

5月11日

 今日はみくちゃんのお誕生日でした。みくちゃんは、なのはなバンドでキーボードを弾いていたり、園芸部の部長さんです。今、食堂に生けられているキンセンカも、みくちゃんや園芸部の人が種から育てて、花をたくさん咲かせてくださいました。いつもなのはなのみんなのために、心を使っているみくちゃんが優しくて大好きです。みくちゃんが生けてくれた花から、私もとても嬉しい気持ち、豊かな気持ちをもらっています。みくちゃんが弾いてくれるキーボードの音を聞いて、時には感動したり、時には元気をもらいます。
 
 山小屋キャンプの有志のライブに、なつみちゃんと一緒にみくちゃんを誘ったときに、みくちゃんがとても喜んでくれたことがとても嬉しかったです。仕事に行かれていたり、本番まであと数日、という期間で、とても忙しかったと思います。でも、みくちゃんが焦りや不安などというマイナスな気持ちは一つも見せずに、練習の時にはいつも楽しんでくれて、「もっと良くしたい!」という気持ちで練習してくださって、みくちゃんの心遣いに何度も救われたなあと思いました。みくちゃんの物事や、目の前の人に対する気配りが優しくて、そんなみくちゃんが素敵だなあと思います。
 
 桃ジャムのラッピングでみくちゃんリーダーの作業に入らせてもらったときに、みくちゃんの一つ一つの桃ジャムに対してとても質高く、美意識を持ってラッピングしている姿があって、とてもかっこいいなあと思いました。まだ慣れていない私でも、優しく教えてくれて、でもちゃんと曖昧なところは厳しく指導してくれて、そのことがとても嬉しかったです。手に取ってくれるお客様が、嬉しい気持ちになるように、一心に作業していたり、もっと桃ジャムのラッピングや桃花の組み立てが出来る人を増やしたい、と思って厳しく、でも優しく伝えてくれるみくちゃんを尊敬しています。
 お誕生日おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

 朝からピーマン、ナスの定植準備が進みました。私は、朝は苗当番と朝食当番に入らせてもらいました。苗当番では、まえちゃんやけいたろうさんや、たくさんの人が来てくれて、ナスの底面給水も進められて嬉しかったです。苗床から、ナスとピーマンがいなくなってしまうのは寂しい気持ちもあるけれど、畑に旅立つ門出の日なんだなあと思って、嬉しい気持ちもありました。私はえみちゃんとさやねちゃんとかにちゃんと、ナスの担当に入らせてもらっていて、明日から見回りが始まるんだなあと思ってドキドキするけれど楽しみです。
 朝食当番では、のんちゃんと一緒に台所で作業させてもらいました。少しでもたくさんの作業を進めたい、とのんちゃんと一緒に協力して進めていく時間が楽しかったです。

 午前は、やよいちゃんリーダーのナスの定植に入らせてもらいました。昨日、夕食後もずっと支柱立ての作業をしてくださっていたみんながいて、畑に着くと、綺麗に支柱が並んで、完成していました。畝の上には、今朝定植準備をしてくださった人が、植え付けるところの印を付けてくれていました。初めにみんなでクワを持って、一気に植穴を掘っていきました。
 やよいちゃんやタイムコールをしてくれて、みんなで全力で速く掘っていきました。とても速く植穴堀りが終わって、とても速いスピードの流れで仮支柱立て、定植に入りました。

 あけみちゃんが軽トラを出して、苗を畑まで運んでくれたり、みんなで一体となった作業が嬉しかったです。苗置きでは、ペアになって、一人がトレーを持って、もう一人が植穴に置いていくと、とてもスピーディでした。同じペアのさくらちゃんと息を合わせながら作業出来て嬉しかったです。

 定植は、やよいちゃんが方法を丁寧に伝えてくれました。仮支柱から2センチ離れた位置で、苗を植え付けるということ、深植えにならずに、根鉢を1センチ出して土を寄せるということに気をつけました。
 苗を植え付ける土は、落ち葉堆肥が埋められていることもあって、とてもふかふかとしていました。やよいちゃんが、落ち葉堆肥、牡蠣殻、牛肥という順番で根が届くように考えてくれました。ナスのこれからの成長も、栄養がたっぷり入った畝なので一安心だなあと思います。
 今、ナスは本葉7枚ほどに成長していて、小さいつぼみが出来ている苗もあります。一番花が咲くのももうすぐです。美味しいナスをたくさんの人に届けられるように、私も出来ることを精一杯頑張りたいなあと思います。

 ナスの定植が、目標よりもとても速く終わって、ピーマンの支柱立ても進めることが出来て嬉しかったです。
 午後も引き続きピーマンの支柱立てをしました。私はあけみちゃんとペアになって、竹をかけやで打ったり横竹を抱っこちゃん結びをしたりしました。あけみちゃんが明るいかけ声をいつもしてくれたり、あけみちゃんがとても力強くかけやで打ってくれて、一緒に作業させてもらえてとても嬉しかったです。あけみちゃんがお仕事が休みで、居てくれることがとても心強かったし、あけみちゃんの優しさをたくさん感じて、嬉しい気持ちをもらいました。
 ピーマンの定植もみんなでスムーズに進められました。途中でお父さんが見に来てくださって、アドバイスを頂けたことも嬉しかったです。やよいちゃんが、事前に、
「10の工程があるので、みんなでスムーズに作業出来たら嬉しいです」
 と伝えてくれました。一つひとつの作業がスピーディで、楽しかったです。とても午後があっという間に感じました。
 
 最後はピーマン、ナスの縦竹の補強の作業を、みんなで10分程度ですることが出来ました。桃の支柱立ての時のように、篠竹を使って、支柱の元の部分を押さえて硬く土を詰めました。桃の支柱立てで経験したことを、ナスやピーマンの支柱立てでも応用できることが嬉しいなあと思いました。
 雨前にナスとピーマンの定植が無事終わりました。とても作業が楽しくて、達成感がありました。明後日の雨が、恵みの雨になってくれたらいいなあと思いました。

 お父さんお母さんの子として、なのはなの子として、なのはなファミリーを心の軸に生きていける、優しい人になっていきます。まだ私は未熟で、甘えが残っていたり、利己心の価値観が抜けていなくて、迷惑をかけることもあります。でも、明るい未来を見て、利他心の気持ち100パーセントで生きていきます。まだ見ぬ誰かに希望を与えるような、なのはなファミリーの役に立てるような人に、成長していきます